私のダイエット間違ってるかも!?上手な「脂肪燃焼体質」の作り方
(画像=『Lovely』より引用)

自粛生活が長引くことで、カラダの活動量は減少。体型を気にする人はここ1、2年で随分増えましたよね。

正しい食生活や適度な運動はもちろんですが、自分のカラダを脂肪燃焼体質に導けたら嬉しいですよね。

2021年10月6日、近年注目を集める「MCT(中鎖脂肪酸)オイル」の最新研究結果が発表されました。それによると、MTCオイル摂取で体表温度の上昇が確認され、脂肪の蓄積を避けながら、脂肪燃焼体質へ導いてくれることがわかったそうです。

全ての部位で体表温度の上昇を確認

登壇した日本体育大学 体育学部 准教授の岡田隆先生によると、大多数の人が間違える「ダイエット」があるといいます。

私のダイエット間違ってるかも!?上手な「脂肪燃焼体質」の作り方
(画像=『Lovely』より引用)

「ダイエットは継続することが最大の成功要因で、そのためには無理なく脂肪を燃焼させる体質を手に入れることが近道です。また、食べても太りにくい体質になるには、食べ物を選ぶことはもちろん、食べる順番(食物繊維→たんぱく質→脂質→糖質)を意識することが大切です」

単にカロリーを減らすだけではダメで、栄養バランスの黄金比(たんぱく質13~20%、脂質20~30%、炭水化物50~65%)を考えると、太りにくい体質に導くには「脂質を上手に摂取すること」がカギなのです。

食用油の中でも、脂肪燃焼作用で注目されているのがMCTオイルです。このオイルには、大きく3つのポイントがあります。

私のダイエット間違ってるかも!?上手な「脂肪燃焼体質」の作り方
(画像=『Lovely』より引用)

(1)「ケトン体を産生する」(2)「素早くエネルギーに変換」(3)「脂肪になりにくい」

人間がエネルギーを作り出すメカニズムには大きく2つあり、糖質をエネルギー源とする「糖燃焼回路」と、脂質をエネルギー源とする「脂肪燃焼回路」です。

通常、糖質をエネルギー源とする「糖燃焼回路」が優先的に使われていますが、MCTを摂取することで体内にケトン体が産生され「脂肪燃焼回路」を動かしてくれます。2つの回路が同時に働くことで、効率よくエネルギーを産生し、脂肪が燃焼しやすい体質になるのです。