気軽にひとりで立ち寄れるカフェがありそうであまりなかった銀座。個人的にもコロナ禍の影響で行きつけだったカフェが閉店してしまったり......。でも非常時にこそ必要とされる新しいお店がオープンしたという朗報が。

安心に包まれる保存食カフェと将来の夢が描けるアウトドアショップ【辛酸なめ子の東京アラカルト#55】
(画像=『Lovely』より引用)

「GINZA innit」のエントランス。この一等地に......と経済力を感じさせます

気軽にひとりで立ち寄れるカフェがありそうであまりなかった銀座。個人的にもコロナ禍の影響で行きつけだったカフェが閉店してしまったり......。でも非常時にこそ必要とされる新しいお店がオープンしたという朗報が。

銀座シックスに隣接する場所に開店した「GINZA innit(ギンザ・イニット)」は、保存食ブランドが手がけるお店です。1階はカフェレストラン「IZAMESHI Dish」、2階はアウトドア系の商品のショップ「upstairs outdoor living」という構成。

おしゃれなじょうろは7700円

まず2階に行くと、屋外で使う用のおしゃれで丈夫な家具が並んでいました。

人口ラタンを編み込んだWAシリーズのテーブルやチェアは、トラフ建築設計事務所のデザインでかなりかわいいです。これを置ける広いバルコニーはありませんが......。

安心に包まれる保存食カフェと将来の夢が描けるアウトドアショップ【辛酸なめ子の東京アラカルト#55】
(画像=『Lovely』より引用)

(WAシリーズのテーブルとチェア。軽量で持ち運びしやすいそうです)

コロナ禍で旅行に行けずベランダや庭で開放感に浸りたい人にはおすすめです。5万円前後が中心価格でした。

建築家の谷尻誠氏・吉田愛氏によるモノトーンのMAシリーズもシックで素敵でした。他にもおしゃれなバルコニー用家具が多数展開。いつかこんな暮らしがしたいと願望が芽生えます。

安心に包まれる保存食カフェと将来の夢が描けるアウトドアショップ【辛酸なめ子の東京アラカルト#55】
(画像=『Lovely』より引用)

(薪をくべてみたい......MA-ファイヤーピットテーブルは4万4000円という手頃な価格)

そしてアウトドア&キャンプ用品も充実。海外からセレクトされたセンスの良い品が並んでいて、例えばフランスのブルターニュ地方で創業されたブラシブランドや、スウェーデンのブランドのガーデニンググッズなど、珍しいラインアップ。

安心に包まれる保存食カフェと将来の夢が描けるアウトドアショップ【辛酸なめ子の東京アラカルト#55】
(画像=『Lovely』より引用)

(ブルターニュ地方のブラシのカラーリングが絶妙です)

安心に包まれる保存食カフェと将来の夢が描けるアウトドアショップ【辛酸なめ子の東京アラカルト#55】
(画像=『Lovely』より引用)

(スウェディッシュじょうろ。さすが北欧という多幸感あふれるデザインです)

スウェーデンのおしゃれなじょうろは7700円でした。ただ、ガーデニングやる庭がない......とまた、自分の現実の生活と比較してしまいます。バーベキューのアイテムも豊富ですが、一緒にバーベキューをやる友だちがいるかどうかという問題が......。2階はリア充度が試されるフロアです。