仕事大好きママの
「時短転職」体験記

仕事か、プライベートか。働き方を二者択一で考える時代はもう終わり。「仕事のやりがい」も「子育て」も。全部諦めないと決めた“仕事大好きママ”の「時短転職」体験記をお届けします!

「お母さんは無理をしない方がいいでしょ? 時短勤務なのだから、頑張らない方がいい」

育休から復職して半年。子育てとの両立にも慣れてきて、仕事のギアを入れたいと思っていた時に、上司にそう言われてモヤモヤ……。「仕事も家庭も諦めたくない。どちらもやりがいを持ちたい!」と転職活動を始めた私。

転職活動がコロナ禍と重なり紆余曲折ありましたが、なんとか内定を得ることができました。

こうして人生初のスタートアップ企業にいよいよ入社することになるのですが、今回の記事では最終的に転職先をどのように決めたのか、その理由について書きたいと思います。

内定2社、選考辞退1社。最初に決めた「転職軸」を思い出して企業選び

スタートアップ転職で2社内定、どっちの会社に入社する?最終判断の決め手とは【時短ワーママ転職体験記】
(画像=『Woman type』より引用)

2020年3月、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた頃、私は転職活動の終盤戦を迎えていました。

当時、私は最終面接に5社進んでいたのですが、最終的に2社が採用ポジションをクローズ、残る3社のうち1社は対面面接ができないため選考の延期を繰り返していました。

できることなら、心ときめく1社に入社したい。だからこそ、できたら複数社の内定を得て比較したい。それが本音でした。

けれど、実際のところは同時期に内定を複数社から得るのは難しく、最終的にはほぼ同時に内定をいただけた2社から入社する会社を選び、1社は選考を辞退しました。

ここで改めて思い出したのが、転職活動の一番始めにじっくり考えた自分の「転職軸」です。

過去の記事でも触れましたが、私は今回の転職活動で「時短勤務ができる」「フレキシブルな働き方ができる」「経営理念に共感できる」の三つを最優先事項にして、企業との面接を繰り返してきました。

ただ、実際にその企業の方とお話しすると、思いもよらない「いいな」と思うポイントが出てきたり、「これは自分に合わないかも」と思うことがあったりします。

そんな中で迷うこともありましたが、そのたびに、「自分は何のために転職するのか」を思い出し、自問自答を繰り返しました。