だんだんと寒くなってくるこの季節は、みかんが旬で店頭にたくさん並びます。
この時期はこたつでみかんを食べる方も多いのではないでしょうか?
そんなみかんには、驚きのダイエット効果があることはご存知ですか?
食欲の秋や、冬の運動不足で太りがちな体を引き締め、痩せる効果のあるみかんダイエットにチャレンジしてみましょう。

今回は、みかんのダイエット効果とみかんを食べるタイミング、おすすめのみかんレシピをご紹介したいと思います。
手軽に採れるみかんでダイエットしたい方はぜひ、参考にしてみてください。

みかんはダイエットに効果的?

みかんでダイエット
(画像=MASHUPより引用)

実は、みかんを正しく食べればダイエットに効果的です。
みかんを食事前に食べるだけで食べすぎの予防や嬉しい健康効果まで期待できます。

みかんには、ダイエットに有効な様々な栄養素が含まれていることが分かっています。
そして、ダイエットに大敵な糖質やカロリーも少ないので体を引き締めるにはピッタリの食材です。
そんなみかんに含まれている栄養素や糖質、カロリーはどれくらいなのか解説していきたいと思います。

みかんの栄養素

みかんには、βカロテンやビタミンC、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。
βカロテンは体内でビタミンAに変わり、目や皮膚の健康を保つ役割をしてくれます。
ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれる働きがあり、美肌効果があります。
カリウムは、むくみ防止に役立つ栄養素です。

みかんの皮やスジには、ヘスペリジンとういう栄養素が含まれておりビタミンPと呼ばれています。
ビタミンPはグルコースから脂肪酸が作られるのを抑える働きがあり中性脂肪値を下げてくれる役割があります。
中性脂肪値が高いと動脈硬化のリスクが高まり、健康を害す恐れがあるのでみかんを食べて健康を保ちましょう。

また、みかんには水溶性と不溶性の2種類の食物繊維が100gあたり1.0g含まれています。
水溶性食物繊維は、粘度があり腹持ちもよく食べ過ぎを抑制してくれる働きがあり、不溶性食物繊維は胃や腸を刺激し、お通じが良くなる働きをしてくれます。
いずれの栄養素も体の健康を保つ働きがあり、食べると嬉しい効果がたくさんありますよ。

みかんの糖質

みかんでダイエット
(画像=MASHUPより引用)

みかんの糖質量は1個100gあたり11.0gです。
リンゴやバナナなどの果物に比べると水分量が多いので糖質量が少なく、ダイエットするにはおすすめの食材です。

みかんのカロリー

みかんのカロリーは1個100gあたり46kcalです。
リンゴやバナナなどの果物に比べると水分量が87%と多く糖質が少ないため、エネルギー量も少なめです。

みかんの嬉しいダイエット効果とは

みかんでダイエット
(画像=MASHUPより引用)

寒い時期によく食べるみかんは、ダイエット効果や健康効果だけでなく、美肌効果など美容面でも嬉しい効果があります。
ダイエットや健康、美容を特に気にする女性にとっては、様々な良い効果が得られるのでみかんを食べることをおすすめします。
では、みかんにはどういった嬉しい効果があるのか見ていきましょう。

脂肪燃焼効果

みかんに含まれる食物繊維の1つ「ペクチン」には、脂肪の吸収を抑える働きがあると言われています。
気になる脂肪を付きにくくし、余分なコレステロールも吸着してくれます。
このペクチンはみかんの薄皮によく含まれているので、薄皮を剥がさずそのまま食べることをおすすめします。

アンチエイジング効果

みかんのオレンジ色の成分「β-クリプトキサンチン」には、体内でビタミンAに変換されます。
ビタミンAには目、皮膚、粘膜の健康を保つために必要なビタミンで、回復効果や免疫力アップ効果も期待できます。
また、β-クリプトキサンチンには抗酸化作用もあるのでがん予防やアンチエイジング効果もあり、身体の若返りも期待できます。

腸内環境を整える

みかんには、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が含まれています。
この「不溶性食物繊維」は腸の中で水分を含み膨らむことで、腸を刺激し便通を促してくれる役割があります。
便秘に悩む女性にとっては、便秘解消になりぽっこりお腹が改善される嬉しい効果もあります。