秋冬シーズンのファッションに欠かせないのが、ニットやセーターなどのあったか素材の服。
お気に入りのアイテムはシーズン中に何度も着る人も多いと思います。

ただ、ニットやセーターで失敗しやすいのが、洗濯した後の干し方!
普通の洋服のようにハンガーにかけて干してしまうと型崩れしやすく、自分でやるのは意外と難しいと感じる人も多いのでは?
だからと言って、毎回クリーニングに出すわけにもいかないので、おうちでケアできるようにしたいですよね。

そこで今回の記事では、お気に入りのニット・セーターをキレイに長持ちさせるために、失敗しらずの干し方をご紹介します!

ニット・セーターの伸びない干し方

ニットの伸びない干し方
(画像=MASHUPより引用)

ニット・セーターを干すときに一番避けたいのは型崩れです。
ニット素材は柔らかくて着心地も良いですが、その分縮みやすく伸びやすいということ。
特に洗濯した後のニット類は水を吸って重たくなっており、その重さ(自重)で引っ張られて伸びやすい状態になっています。
ここでは、自重で伸びることを防ぐ上手な干し方をいくつか紹介していきますね。

ニットの干し方① 平干しにする

平らなネットの上に広げて干す方法を「平干し(ひらぼし)」といいます。
一番間違いのないやり方ですね。
平干し専用のネットは、一般のスーパーやホームセンターなど様々なところで買えるので、ニットの季節が来る前に用意しておくといいでしょう。

ワンピースなど丈の長いニットは平干しネットに乗り切らないので、袖口の方を平干しネットに乗せ、裾の方はハンガーにかけて干すとキレイに早く乾かせます。

ニットの干し方② 物干し竿で干す

上下で二つ折りにして、物干し竿で干すこともできます。
この時、竿にかける部分に気を付けましょう。
型崩れしやすい方の部分に負担をかけないように、竿には「ウェスト部分」と「袖」をかけるようにします。
袖がぶら下がったままだと自重で肩から袖にかけて型崩れしやすいので、必ず袖は竿にかけて重みをかけないようにしてくださいね。

また、丈の長いものはその分重みも増すので伸びやすくなります。
ワンピースなどは、上下ではなく左右に折りたたんだ状態でかけておくのが安心。
その時も、袖がぶら下がらないように注意しましょう。

ニットの干し方③ ハンガーを複数使って干す

お昼の情報番組「ヒルナンデス!」でも紹介された、おうちのハンガーで今すぐできる干し方です。

まず、ニットを普通の洋服のようにハンガーにかけます。
その後、袖口をクロスさせて両肩にかけ、裾の方はもう一つのハンガーに乗せて干すやり方です。
ワンピースなら、裾をかけるハンガーを2~3本に増やせばOK。
アイテムに合わせて自在にカスタマイズできるのも嬉しいポイント!

空気の通りがとてもいいやり方で、早く乾く分素材への負担も少なくておすすめの干し方です。

ニットの干し方④ 薄手のニットは短時間ならハンガーOK

秋や春先に着るような薄手のニットについても、もちろん平干しが一番キレイにケアできます。
ただ、真冬に着るようなニットよりもずっと軽いため、重さによる伸びはそこまで大きくありません。
洗濯後、半日程度干すくらいならハンガー掛けでも伸びないので大丈夫です。

ちなみに、どの干し方でも共通するのが、日光に直接当たらないようにする「陰干し」が基本ということ。
日光を浴びるとニットの繊維が劣化しやすくなります。お日さまの香りがするニットも気持ちよさそうですが、長持ちさせることを考えると日差しはカットした方が無難です。
エアコンの除湿機能や、浴室乾燥機などを使って室内で乾燥させるのが一番安全ですよ。

上手にニット・セーターを洗濯する方法

ニットの伸びない干し方
(画像=MASHUPより引用)

ニットやセーターの型崩れを防ぐためには、干し方だけでなく、その前の洗濯の仕方にもコツがあります。
また、冬は部屋の中と外の温度差が大きいので意外と汗をかいているもの。
型崩れが怖いからと言って、きちんと洗えていないのも困りますよね。
そこで、気になる汚れもしっかり落としながら、ニット・セーターが伸びない・型崩れしない洗濯方法を解説します。

ニットの洗濯① 手洗い

手間はかかりますが、一番ニットに負担をかけない洗い方です。
お気に入りのニットで失敗したくないときにおすすめ。
また、天然素材のニット(ウール、アルパカ、綿など)は縮みやすいので手洗いが最適です

まず、ニットを折りたたんでいきます。
左右に折りたたんで、両袖が重なるようにします。
次に裾を襟下に合わせるようにたたんでいき、最後に袖をたたんだニットの上に乗るようにたたんで完成!
汚れがつきやすい部分が見えるようにたたむのがポイント。
洗う前に、大きめの洗面桶にぬるま湯(30度前後)洗剤を適量溶かしていきます。使う洗剤ごとに適量の表示がありますが、一般的に6~7Lの水に対して洗剤10ml程度が普通です。

ここから実際にニットを手洗いしていきますが、基本は優しく押し洗いのみ。
汚れが気になるからといって力を入れてくすったりしないようにしましょう。
袖口などの部分は、洗剤液の中でつかんだり離したりを繰り返して洗っていきます。
一通り洗えたら、桶の中をきれいなぬるま湯に変えて、2~3回ほどすすぎます。
この時も、同じように押し洗いで洗剤を落としていくようにしましょう。

最後に、バスタオルでニットを挟んで上から押し、水分を抜いていきます。
脱水の作業ですが、この時だけ洗濯機の脱水機能を利用するのも◎。1~2分程度でOKです。
ここまでの作業の間、最初にたたんだ状態をキープしながら進めていくのが大事なポイント!
たたんだ状態で洗うことで型崩れや縮みを防ぐことができますよ。

ニットの洗濯② 洗濯機

手洗いしている時間がない!…という場合には、洗濯表示を確認した上で洗濯機を使います。
洗濯機を使う時には、必ず「手洗いコース」や「ドライコース」など、ニットの洗濯に適したコースを選んでください。
また、水温の設定ができるようなら、30度前後にしておきましょう。

基本的なやり方は手洗いと同じですが、洗濯機の場合にはニットを裏返してたたみます。
適したコースだとしても、手洗いよりも激しい水流になるために毛玉ができやすくなります。
裏返しておくことで表面の毛玉が防げるのでキレイに仕上がりますよ。

洗濯機で洗う際には、たたんだ状態のニットがきっちり入るサイズの洗濯ネットが必須!
洗濯ネットがニットに対して大きすぎると中でニットが動いてしまい、たたんだニットが崩れて失敗しやすくなるので注意が必要です。

どちらも共通:ぬるま湯&洗剤は必ず「おしゃれ着洗い用」で!

手洗いでも洗濯機でも共通しているのが、水温と洗剤の種類です。
ウールなどの天然素材は冷たい水、アクリルなどの化学繊維は40度以上のお湯で傷みやすくなります。
天然素材と化学繊維が混ざっているニットも多いので、30度前後のぬるま湯がベスト

また、洗剤は「おしゃれ着洗い」とされる中性洗剤を使いましょう。
普通の洗濯洗剤は、皮脂汚れなどをしっかり落とすための弱アルカリ性であることがほとんど。
こちらの洗剤だとデリケートなニットを傷めてしまうので、ニットの洗濯には必ず別の洗剤を用意するのが必須です。