よく幸薄いと言われる人がいますが、意味が分からない人にとってはどういう意味なのか分からないですよね。言われたことがある人は一見悪口のようにも受け取ってしまう不思議な言葉ですから気になるのも当然です。そこで今回は幸薄いという意味や幸薄い女子の特徴を解説します。

幸薄いってどういう意味?

人の顔というものは一目見ただけで印象をつけるパーツとなります。目や鼻、口など同じものがついていても人によって顔の形やバランスが異なるのは当然のことと言えますが、パッと見た時に相手を明るい人だと感じたり、反対に幸薄いと感じることもあるでしょう。自分の顔も気にする現代ですから、他人の顔も同様に気になって良く観察してしまうのは仕方のないことかもしれません。初対面の相手やまだそこまで仲が良くない相手であれば顔の作りなどの印象からその人の価値を決めてしまうのが人というものですが、接していくうちにイメージがガラリと変わることも少なくありません。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)

また、自身が他者に「幸薄いね」と言われた経験をしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。幸薄いという言葉は一見すると悪口を言われているのかと不安を感じたり、時には怒りを覚えることもあるかもしれません。意味は分からずともそれほど幸薄いというフレーズは違和感を感じる言葉と受け取る場合が多いです。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)

そんな幸薄いという言葉の意味には、分かりやすく例えると「不幸そう」や、「日々の生活が楽しくなさそう」または運気が低下している人を一般的に幸薄い人と認識します。言っている側も決して悪口などの悪意を込めた言い方でかけている言葉ではないのかもしれませんが、そんな意味のある言葉を投げかけられるのは女子にとって屈辱的なものです。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)

幸薄い人=ブスではない?

よく勘違いされやすいことですが、幸薄い=ブスだと考えている人もいます。しかし、運気をことごとく逃していそうな人であっても決して顔の作りが悪いということではありません。反対に美人の女子の方が幸薄いと感じられる場面が多く、ブスよりも美人の方がそういった認識を周囲からされることが多い傾向にあります。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、美人の女子といっても一人一人の美人が異なる性格や感性を持っています。反対に美人だから幸薄いということでもなく、美人が直接の原因になっているということは考えにくいでしょう。美人は同性にとっても憧れのものですから、美人=幸薄いというのも嫌な話ですよね。

一人一人異なる性格の美人は顔を見ただけでインパクトがあり、印象に強く残るタイプの人です。それぞれ違う性格などを持っているために美人だから幸薄いというイメージが根強いですが、周囲からよく美人と言われる女子はそんなことは全く関係ないため、あまり気にしすぎないようにしましょう。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)

幸薄いと言われる女子の顔の特徴①色白

幸薄いと思われる女子の顔の特徴にはまず色白であることが挙げられるでしょう。美人で且つ、色白であればなおさら美人に拍車をかけて見せることができます。しかし、人の見方は不思議なもので、美人で色白の女子を見た時に男に振り回されていそうな何とも言えない不幸臭を感じ取るのです。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)

全ての色白である美人が幸薄いと感じられるということではありませんが、顔の色が白いことで不健康そうと感じられる部分も幸せを感じているのか周囲が心配になってしまう部分だと言えるでしょう。

幸薄いとはどういう意味?「幸薄そう」と思われる女子の顔の特徴は?
(画像=『Lovely』より引用)