秋が深まり、山登りが気持ちのいい季節になりましたね。

「山登りって、準備が大変そう……」
「初心者が登れる山がどれかわからない!」

そんな方におすすめなのが、低めの山でのハイキング。山道が整備されていて、スニーカーでも登れる山を選べばOKです。

関西のおすすめは神戸の摩耶山!街中からも近く、アクセス良好。ケーブルカーとロープウェーが通っているので、登山せずに山頂の景色を楽しむこともできますよ。

2種類の登山道

神戸,摩耶山
(画像=MASHUPより引用)

摩耶山は初心者でも楽しむことができる山です。

おすすめのコースは摩耶山頂を目指すのではなく、夜景の観光スポットである「掬星台(きくせいだい)」を目指すコース。休憩スポットが多くあり、ロープウェイの駅も近く、帰りに利用することができるんです。

登山にかかる時間は2時間くらい。登山道は「青谷道」と「上野道」の2種類があります。

青谷道は比較的緩やかな登山道で沢にそって道があり、湧水の名所でもある六甲の雰囲気を楽しめます。途中には茶園があり、兵庫県で唯一の茶畑の景色を楽しむことができます。お茶屋さんも営業していて、休憩することもできますよ。

神戸,摩耶山
(画像=MASHUPより引用)

上野道はきつい上りがあるものの、掬星台への最短コースです。途中でロープウェイの駅近くを通るので「疲れたら途中からロープウェイで登る」と切り替えることもできます。山に登ってみたいけれど、体力に不安がある方も安心ですね。

途中で出るのが天上寺の跡地。1976年の火災で燃えてしまったのですが、立派な仁王門だけは残っています。この仁王門まで来れば、掬星台まではあと一息。かつてのお寺へ参る長い石階段を階段を登りましょう。