「年金っていくらもらえるの?」と疑問に思う人も多いでしょう。会社員や公務員が老後に受け取る「厚生年金」は、現役時代の年収によっても受け取れる金額が変わってきます。年収がどれくらいなら年金額が月22万円になるのか解説します。

「月22万円」は標準的な厚生年金の金額とされている

厚生労働省が挙げているモデルケースでは、「夫婦2人分の標準的な年金額」が月額およそ22万円とされています(2021年度)。

このモデルケースで想定されているのは、「平均的な収入で40年間就業した夫」と「40年間専業主婦だった妻」です。ここでいう「平均的な収入」とは、年収530万円(額面)程度が想定されています。

22万円の内訳は、夫の厚生年金と国民年金の合計額が約16万円、妻の国民年金が約6万円です。

ちなみに、会社員や公務員などが加入する「厚生年金」では年収が将来の年金額に関係してきますが、「国民年金」は年収に関係なく、おもに保険料を払った期間によって年金額が決まるしくみです。