京都に行ったら、食べたい!買いたい!と思うこと間違いなしの定番土産・八ツ橋!とっても歴史の長いお菓子であり、今でも愛される商品です。今回は、京都土産にいただいた、老舗名店の八ツ橋をご紹介です。

聖護院八ッ橋総本店

聖護院八ッ橋総本店,聖・祭菓
(画像=MASHUPより引用)

聖護院八ッ橋総本店は、300年以上の歴史ある和菓子屋。
八ツ橋を中心に様々な和菓子を展開しており、伝統の味わいを大切にする、お店です。

今回は、お土産でいただいた八ツ橋をご紹介します。

聖護院八ッ橋総本店 公式ページ
https://shogoin.co.jp/

聖護院八ッ橋総本店,聖・祭菓
(画像=MASHUPより引用)

八ツ橋は、皮となる生地を焼いた焼き菓子やあんこを包んだ生菓子など様々なタイプがありますね。

こちらは、2種の味わいが楽しめる生菓子です。

聖護院八ッ橋総本店,聖・祭菓
(画像=MASHUPより引用)

赤い紅葉の柄がオシャレな京都らしいデザインのパケージです。パッケージのデザインは、季節によって移り変わるそうですよ!

聖護院八ッ橋総本店,聖・祭菓
(画像=MASHUPより引用)

中身は、にっき・抹茶の2種8個ずつ入ったボリューミーな商品。お値段は、オンラインショップ価格で950円と、お土産にも購入しやすいリーズナブルな価格帯です。

聖護院八ッ橋総本店,聖・祭菓
(画像=MASHUPより引用)

聖のマークは、つぶあん入り生八ッ橋のことを示しており、50年以上の歴史ある商品だそうです。