今の仕事を選んだワケは!?
みんなのシゴトジャッジ・ルーム

この連載では、さまざまな働く女性たちが「なぜ今の仕事を選んだのか」にフォーカス。自分と同世代の女性たちの仕事観をのぞき、自分の目指すキャリアを明確にするための材料にしてみよう!

コロナ禍、世の中の不安定さが増していく中で、これから先も長く働き続けていくための武器となる「手に職」の大切さを痛感した人は多いのではないだろうか。

システム開発・ネットワーク・インフラ構築などを手掛けるワークスアイディで働く山本奈央さんも、「手に職」を求めて転職に踏み切った一人だ。

バイト、派遣を転々……“スキルなし人間”だった私が未経験でエンジニアになれた理由「やっと、自分を好きになれました」
(画像=ワークスアイディ株式会社
チーフ
山本奈央さん
1993年生まれ。短大中退し、コールセンターでのアルバイトを1年間経験。その後、派遣スタッフとして複数のコールセンターで勤務。2018年7月にワークスアイディ株式会社にITエンジニアとして入社し、20年4月より現職、『Woman type』より引用)

山本さんが選んだ仕事は、エンジニア。数ある仕事の中から、「自分にぴったりの手に職は、エンジニアだ」と考えたのだという。

なぜそう思ったのか、そして「手に職を磨く場」としてなぜ現在の会社を選んだのか。山本さんの“シゴトジャッジ”の軸について詳しく聞いた。

職場を転々とする中で募ったキャリア不安

「とにかく、手に職を付けたかったんです」

エンジニアを志した理由を尋ねると、山本さんは即座にそう答えた。

山本さんのキャリアのスタートは、コールセンターのテレフォンアポインター。アルバイトでの雇用だった。その職場があまりにも激務だったため、入社1年で逃げるように転職。その後は派遣社員として働いた。

「そろそろ正社員になりたい」と思うようになったのは20代半ばのころ。とはいえ、これといったスキルもなく、「手に職を付けなければ」という危機感が湧き上がってきた。

「アルバイトや派遣としていろんな職場を経験するなかで、クリーンな企業ばかりではないということを身をもって学びました。なので、仮に何があってもすぐに次の場所に移れる状態にしておきたいな、と思ったんです。

そのためには、どこでも働けるようなスキルが必要ですよね。だから、就職先を探した時にも『手に職がつくこと』を最重視しました」

山本さんが「手に職」にこだわったのには、もう一つ理由がある。医療従事者として働く母の背中を、幼いころから見てきたことだ。

「日勤も夜勤もこなす母の姿を見て育ったので、自立した女性への憧れがあったのかもしれません。

それに今は、女性だからといって結婚して養ってもらうことがスタンダードな時代ではない。『自分のことは自分で食べさせていきたい』と考えていました」

バイト、派遣を転々……“スキルなし人間”だった私が未経験でエンジニアになれた理由「やっと、自分を好きになれました」
(画像=『Woman type』より引用)

「これから先、時代がどんなふうに変わろうと自力で生き抜く力が磨かれるような仕事を見つけたかった」と山本さんは当時の心境を振り返る。

その中で、エンジニアという選択肢が彼女の頭に浮かんだのはなぜだったのだろうか。

「自分の将来についてあれこれ考えていた時に、『食いっぱぐれるリスク』が低い職業は何かな、と考えたんですよ。

そこでぱっと思いついたのが、エンジニアでした。エンジニアは、自ら新しいものを生み出すことができる職業というイメージがあって。リモートワークもしやすいから、もし地方に住むことになっても場所を問わず働けるかなって」

エンジニアになりたい、と漠然と思うようになった山本さんの脳裏に浮かんだのはコンピューター好きな父の姿だった。父親の影響もあり、ITやWebは昔から身近な存在だったのだ。

「他の仕事も検討したのですが、どれもピンとこなくて……。事務職はルーティンワークのイメージがあったので私には向かない気がしたし、接客業や営業職はうまくできる自信がない。

実は、コールセンターでもIT関連の案内業務を経験していたので、エンジニアだったら『自分にもできるかも』という気がしたんです」

単純ですよね、と、山本さんは笑った。

バイト、派遣を転々……“スキルなし人間”だった私が未経験でエンジニアになれた理由「やっと、自分を好きになれました」
(画像=『Woman type』より引用)