恋愛の仕方を忘れた3.浮気された過去

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

昔は、どちらかというと、恋愛に積極的だったのに、今は恋愛成就のイメージがまったくつかめない、そんな人はいませんか。そのような人は、以前に付き合った彼氏にひどい浮気をされた、あるいは、誰とつきあってもみんなに浮気をされるなど、忘れたい苦い経験があるかもしれません。

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

一度、浮気をされてしまうと、その後に彼氏の行動が改善されたとしても、浮気が発覚した時の自分の感情があふれかえってしまうことも。うまくいっているとしても、怒りや不満の感情がくすぶっているかぎり、必要以上に疑り深くなってしまい、恋愛モードに入ることも忘れたなんてことにもなりかねません。

また、そのときの風景や感情がフラッシュバックしてしまい、平常心が取り戻せなくなることもあります。そうすると、どのように気になる男性に向き合えばいいのか、恋愛成就後に付き合っていけばいいのか、冷静に考えることができなくなってしまう人もいるでしょう。

恋愛の仕方がわからないのは、過去の経験が物事の解釈をネガティブにしてしまい、自分の気持ちや彼氏の人となりを、素直に見れなくなっていることでもあるんですね。

恋愛の仕方を忘れた4.暴力

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

過去に、男性から受けた暴力も、女性が恋愛成就ができない原因となります。男女の関係性においては、女性の方が体も小さく、男性の力に勝てることは多くはありません。

彼女として大切にされていると思っていたのに、いきなり彼氏から暴力を受けた経験がある女性も少なくないと思います。そのような女性にとって、恋愛成就は、暴力の記憶を引き出してしまうこともあるのです。

自分では、昔のことは忘れたと思っていても、心のなかでしっかりとその記憶が刻み込まれています。身体的・精神的なダメージがありますので、それを思い出すようなきっかけがあると、トラウマが深刻化してしまうことも。

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

たとえ、新しい彼氏がおり、その男性は暴力をふるう人じゃなかったとしても、過去につきあった彼氏からの暴力の記憶により感情が書き乱れてしまうことも。そのようなとき、彼女は恋愛の仕方がわからない状態にあると言えるんですね。

あまりにも、フラッシュバックしてしまうことが多く、精神的に辛いと思われたら、専門医に相談することも方法のひとつです。恋愛の仕方を忘れたという問題を超えて、根本的に向き合わなければいけない物事が潜んでいることも皆無ではありません。

恋愛の仕方を忘れた5.家族

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

恋愛成就が遠ざかっている女性で、その原因がわからない場合、自分の家族の問題を振り返ってみるのも、その要因を探るための方法のひとつになります。家庭で、父親の浮気があった、暴力があったなど、子供の頃にあまり男性に対して良い印象を持てないような出来事を経験しているかもしれません。

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

まだ、異性というものがわからない子供にとって、最初の異性をなるのが父親です。その父親が、母親に暴力をふるっている、仕事をしないでお酒を飲んでいる、浮気を繰り返しているなど、マイナスのイメージがあるのであれば、それが彼氏へのイメージに反映されていることもあります。

恋愛の仕方を忘れた6.充実

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

恋愛成就から遠のいている女性は、みんなが本当に悲観しなければならない状況にあるのでしょうか。答えは「ノー」です。毎日の生活が充実している人は、日々を楽しくする方法をたくさん持っています。そのため、いい意味で恋愛に気が回らない、なんてこともあるのではないでしょうか。

特に女性の場合、やりがいのある仕事をしていて、さらには収入が高い場合、男性と付き合うことで行動が制約されてしまうことに煩わしさを感じる事があります。また、自分の仕事や収入が安定していれば、男性に経済的に依存しなければならない状況もありません。

恋愛の仕方を忘れた女子必見!1から恋を始める方法9選!
(画像=『Lovely』より引用)

恋愛成就したとしても、年齢によっては結婚が視野に入ることも。そのとき、「仕事をやめて家庭に入ってほしい」と彼氏に言われたら、付き合っている意味もわからない心境になるでしょう。仕事を通じてもっとステップアップしたいと思っている女性にとって、恋愛の優先度は低くなっていることもあるのです。