「太陽の塔」と聞いて、姿が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

太陽の塔は大阪万博記念公園にある、1970年に行われた大阪万博のシンボルです。「芸術は爆発だ!」という名言を残した岡本太郎が作った巨大な像。その中に入ることができて、さらにさまざまな世界観の作品が展示されていたのをご存知でしたか?

この記事では2018年から再び見ることができるようになった、太陽の塔内部の様子をご紹介していきます。

太陽の塔の「4つの顔」

太陽の塔
(画像=MASHUPより引用)

太陽の塔には、3つの顔があります。正面の一番高いところにある「黄金の顔」、その下にある有名な「太陽の顔」、背中側にまわると「黒い太陽」という顔があります。

それぞれの顔には意味があり、黄金の顔は輝く未来、太陽の顔は現在、黒い太陽は過去を象徴しているそう。

太陽の塔
(画像=MASHUPより引用)

実は、他にも一つ顔があったんです。「地底の太陽」と言われ、11メートルの大きなものが、塔の内部に展示されていました。ですが、現在は行方不明になってしまっています。

現在は設計図を頼りに新たな「地底の太陽」をなんとか復元して、塔の内部の展示として復活させました。現代のプロジェクションマッピングの技術を取り入れ、より幻想的で迫力のある展示となっています。

太陽の塔内部いっぱいに広がる「生命の樹」

太陽の塔
(画像=MASHUPより引用)

太陽の塔は高さ70メートルの巨大な建物ですが、その大きさを活かした壮大な展示が「生命の木」です。約41メートルの巨大な展示で、まるで塔の内側に本物の樹が生えているよう。

その名の通り地球上の生命の進化を表していて、一番下の幹部分はアメーバなどの古代の生物の展示があり、上に行くにつれ枝分かれし、現代の生き物へと展示が変わっていきます。

生命の樹の周りには螺旋階段があり、その階段をゆっくりと登りながら展示を楽しむことができます。

展示を登りきった帰りはエレベーターで帰ることができますが、階段で降りるのがおすすめ。途中で大阪万博当時の様子や、岡本太郎の名言などの展示が飾られていますよ。