秋に近づくにつれ読書するにはぴったりな季節になってきました。
読書をする人にとっては、毎日持ち歩く本を汚したくないと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、活躍するのがブックカバーです。
ブックカバーを付けると本の劣化を防ぎ、タイトルや表紙を隠してくれるメリットがあります。 また、おしゃれなブックカバーをしていると気分も上がりますね。

そんなブックカバーを100均の材料でリメイクして自作するのが現在流行っています。
今回はそれぞれの100均に販売されているブックカバーの特徴や100均の材料を使ってブックカバーをリメイクする方法をお伝えしたいと思います。
ぜひ、参考にしてみてください。

透明ブックカバーなら100均【ダイソー】

100均,ブックカバー
(画像=MASHUPより引用)

ダイソーには表紙が見えやすい透明ブックカバーが豊富に取り揃えられています。
文房具や事務用品売り場の近くに陳列されています。
文庫本サイズ、新書コミック本サイズ、参考書・マンガ本サイズ、教科書・A5サイズ、週刊誌・B5サイズと色んな種類やサイズのブックカバーが並んでいます。

厚手でしっかりとした材質で作られており、大切な本を守ってくれるのでおすすめです。
もし、1枚が傷んでしまったとしても2枚入りとなっているので交換することも可能ですよ。
シンプルなブックカバーを使いたいならダイソーの透明ブックカバーがおすすめです。

紙のブックカバーなら100均【キャンドゥ】

100均,ブックカバー
(画像=MASHUPより引用)

キャンドゥのブックカバーの特徴は紙製の可愛らしい柄を採用しています。
女性に親しみやすい花柄やベージックな色合いのベージュなどがあります。

可愛いしおりまで付いているのでコスパのいいブックカバーとなっています。
文庫本サイズで3枚セットになっているので、自分の好きな柄をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

また、紙のブックカバーのメリットは、自由自在に好きな大きさにカットできたり、折り込んで使えるところです。
本によって大きさがバラバラなのでピッタリサイズで使えるのは嬉しいですね。

布のブックカバーなら100均【セリア】

100均,ブックカバー
(画像=MASHUPより引用)

ダイソーではシンプルなデザイン、キャンドゥでは可愛らしいデザインが特徴的ですが、セリアの商品は可愛さとオシャレさを兼ね備えた商品を多く取り扱っています。

セリアでは、紙製のブックカバー自体も販売されていますが、布などの手芸用品や紙袋、クラフト紙、手ぬぐいなどのオシャレな柄の商品を豊富に取り揃えられています。
それらを使って自分でオリジナルのブックカバーを作るなら、セリアの手芸用品などを利用してみましょう。
きっと唯一無二のオシャレな布製のブックカバーが作れることでしょう。

100均アイテムでオリジナルブックカバーを作ろう

100均,ブックカバー
(画像=MASHUPより引用)

ブックカバーを手作りするメリットは、本をオシャレに見せてくれるという点や、本を汚さず長持ちさせることができる点です。
そんなオシャレで長持ちするブックカバー作ってみたいという方は、オリジナルのブックカバーを自作してみましょう。

100均にはクラフト紙、紙袋、折り紙、布などの手芸用品、マスキングテープ、ワッペン、リボンなども豊富に取り揃えられているので、それらを活用してみてはいかがでしょうか?
詳しい作り方をご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

100均のクラフト紙を使ったブックカバーの作り方

100均には可愛い柄や英字が印刷されたオシャレなクラフト紙などが取り揃えられています。
クラフト紙は普通の紙よりしっかりと作られており、破れにくく丈夫であることからブックカバーに適しています。

【作り方】
①好きな柄のクラフト紙を広げてその上に本を置く
②縦3cm、横10cmくらい余裕を持たせてカットする
③上下左右、本の形に折り曲げて本の表紙に挟む

これだけで素敵なブックカバーの完成です。
表紙を見られたくない場合やタイトルを隠したい場合に、クラフト紙で簡単にカバーを作ることができます。
電車内や職場の休憩中でも人の目を気にせず読書することができますよ。