仕事大好きママの
「時短転職」体験記
仕事か、プライベートか。働き方を二者択一で考える時代はもう終わり。「仕事のやりがい」も「子育て」も。全部諦めないと決めた“仕事大好きママ”の「時短転職」体験記をお届けします!

時短勤務でもやりがいを持って働くために転職したい。そんな決意を固めて転職活動を始めた私(詳細は前回の記事をご覧ください)。

>>時短勤務の転職に挑戦した私が職務経歴書づくりに3カ月を費やした理由

毎日の仕事、育児に家事、ただでさえ時間がないワーママの私が、あえて職務経歴書づくりに丁寧に向き合ったこと、転職活動を効率的にするために、どんな行動をしたのかを振り返って書きました。

今回の記事では、転職活動の道中どんな気持ちを抱いたのか、どんな想定外のことがあったのか、よかったことや難しかったことは何か、当時の気持ちを振り返ってみます。

転職活動中、不安が募ったときにやったこと

転職活動にかかる時間は人によってそれぞれ。あっという間に決まる人もいれば、忙しくて活動に行き詰まる人もいる。その時のライフスタイルや、運とタイミングでも結構左右されます。

子どものいる生活はハプニングだらけ。だからこそ、もともと時間をかけて転職活動をするつもりでした。

でも、やっぱり心の底では焦りがあったのも正直なところ。

トントンと面接が決まったと思えば、お見送りになったり、一次面接まで一気に決まったかと思ったら、二次面接に向けてのお返事がなかなかこない……なんてことも。その不安定なテンポに、気持ちを揺さぶられました。

そうこうしているうちに、仕事の繁忙期がやってきました。

会社が繁忙期に入ると、全くといっていいほど転職活動をする時間がありません。いつも以上に時間ギチギチで働き、時間内に仕事が終わらなければ、残業でなんとか埋め合わせ。子どもの延長保育も頻発し、ダッシュで帰宅する……。そんな生活サイクルに入ると、転職活動どころではありません。

【体験談】時短ワーママの私がスタートアップ企業の選考を受けて困ったこと・うれしかったこと
(画像=『Woman type』より引用)

子どもが3歳になるまでの、1年半の間に決着をつけたいと考えていましたが、繁忙期に全く身動き取れなくなることを考えると意外と時間がないことに途中で気付き、さらに焦りが増していきました。

そこで、人材紹介エージェントの担当者と、しっかり話し合いの場を持つことに。現職の仕事のペースを維持しつつ、できるだけ複数の企業の選考を同時に進められるようなスケジュールを組んでもらうようにしました。

そして、担当者には自分が感じている焦りや不安も隠さず話しました。一人では抱え切れないモヤモヤする気持ちを誰かに伝えることで、自分のバランスを保っていくことも、仕事に育児に日々忙しいワーママの転職活動では大事なのかなと思います。

スタートアップ企業の選考は想像以上にスピーディーだった

今回の転職活動で「フレキシブルな働き方」「時短勤務」を重視していた私は、主にスタートアップ企業の面接を受けてました。

そこで、私が翻弄されたことがもう一つあります。それは、スタートアップ企業の選考ならではの独特なスピード感と仕組みです。

特に独特なのは、選考中のポジションチェンジの打診です。最初にAというポジションで選考が進んでいても、途中で「実はこちらの方が合うんじゃないか?」と企業側が適正を見いだし、Bというポジションで再打診されることも。結果、新たなポジションで再度面接をし直したりします。

実際複数の企業で営業→広報、広報→マーケティングと、ポジション変更の打診をもらい、面接を受け直すことがあり、想像以上にエネルギーを使いました。

【体験談】時短ワーママの私がスタートアップ企業の選考を受けて困ったこと・うれしかったこと
(画像=『Woman type』より引用)

とはいえ、ポジションに人を無理やりはめ込むのではなく、人に対してポジションを合わせるという意味では、入社後のマッチングはより高いのでは、とも感じました。

「個人と企業との相性を真剣に見てくれる」という意味ではとてもうれしい仕組みでもあります。

もう一つ独特なこと。それはスタートアップ企業は内定から採用までが早く、決断や退職交渉をスピーディーにしないといけない点です。

内定から1カ月で入社してほしい、という企業も多く、他の企業と比較検討するのは難しいスピード感。現職を退職するにもかなり急いで、という状況だったので驚いたことを覚えています。

また、コロナ禍に選考を左右された部分もありました。

私が転職活動をしていたのは、ちょうど新型コロナウイルスの感染が拡大し始め、新しい生活様式への移行が進んだ時期。

企業も続々と採用活動を見送り始め、最終面接に進んでいた5社のうち2社が途中で採用活動クローズになりました。

面接が取り消しになった時、「これからどうなるのだろう」という不安が込み上げてきました。