コロナ禍の自粛生活で、平年以上にストレスや不安を感じている方が多いのではないでしょうか。長く続くコロナ疲れを癒やす対策として、精油によるアロマがおすすめです。今回は精油の効果的な使い方や、お悩みに合わせた精油もご紹介します。

コロナ疲れ の癒しアイテムとして香り市場が拡大!

ストレス・不安をアロマで解消!お悩みに合わせた精油の選び方もご紹介
(画像=『Lovely』より引用)

人により新型コロナウイルス対策の温度感が異なり、日々のコミュニケーションにも気を使うようになった毎日。そんな世の中の雰囲気でコロナ疲れやストレスを感じてしまう中、多くの人が香りに癒しを求めています。

その影響は特に自粛中のおうちで使うアイテムに表れました。マーケティングリサーチ会社インテージが行った調査によれば、2020年1-5月の金額前年比ランキングにおいて「芳香剤・消臭剤」は前年比150%を記録。コロナ禍で必須になったマスクなどの衛生用品に続いて11位という結果に。

突如始まったおうち時間に、少しでも快適かつリラックスできる空間を求めていたことが伺えるようです。

香りがストレス対策に良い理由

ストレス・不安をアロマで解消!お悩みに合わせた精油の選び方もご紹介
(画像=『Lovely』より引用)

人は嗅覚を担う鼻腔で香りの分子をキャッチし、それが感情・本能を司る大脳辺縁系で記憶と香りを結合。これにより過去に感じた香りとその時の記憶をマッチングさせます。

その後、自律神経系の調整を行う視床下部へ。自律神経系、免疫系、内分泌系の機能のバランスを整え、体や心に影響を与えるため、ストレス対策として役立ちます。

様々ある「香り」を使ったリラックス法の中で特におすすめなのがアロマセラピー。東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部 看護学科 朝澤恭子准教授によると、アロマセラピーとはアロマ(芳香)+セラピー(療法)からなる言葉で、植物から抽出された精油を用いて、疾病の治療や予防、心身の健康やリラクゼーション、ストレス解消することを目的としています。

教えてくれたのは…

著者名

朝澤 恭子准教授

所属 :東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部 看護学科
職位 :准教授
学位・資格 :看護学博士、看護学修士、助産師、看護師
専門分野 :母性看護学、助産学等