出産後、体重計に乗ってみたら、思っていたほど減っていなかった、という人は多いのではないでしょうか?産後の体重の減り方や減るペースはどのような感じで、どのような対処法があるのでしょう。東京医療保健大学の米山万里枝教授にお話を伺いました。

出産後の体重、思ったよりも減っていない…

産後の体重の減り方の目安は?産後に体重が減らない原因と対処法は?【医師監修】
(画像=『Lovely』より引用)

無事に出産も終わって、お腹にいた赤ちゃんも外の世界へやってきました!お腹に赤ちゃんを守るベッドの役割をしてくれていた羊水や胎盤も、赤ちゃんと一緒にほぼすべて外に排出されて、お腹もようやくぺったんこに。さて、体重も妊娠前に戻っているのかと思いきや…。

出産後に体重計に乗ると、妊娠前の体重には戻っていないことに、がっかりするお母さんたちが多いと言われています。この体重はいつ戻るのでしょうか?

実は妊娠中というのは、お腹の赤ちゃんや羊水、胎盤だけではなく、赤ちゃんを育てるためや、厳しい出産に備えるためのエネルギーを蓄えようと、血液や脂肪も増えるのです。

産後の体重の減り方は血液は出産の際に出血を起こすので、それで減ることが多いのですが、脂肪は出産後もほぼそのまま残ってしまいます。

いったい産後の体重はいつ戻るのか、体重の減り方や減るペースはどのくらいが理想的で、なかなか体重が減らない時の原因や対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

監修者は…米山万里枝教授
妊婦の健康管理・指導、出産後の体調・メンタルケアから乳児指導まで母子保健に関する一連の管理・指導活動を行う助産師資格を取得する助産学専攻科、助産師資格を有してキャリアアップをする大学院の教授。

所属:東京医療保健大学
医療保健学部 看護学科/助産学専攻科、大学院 医療保健学研究科
職位:教授
学位/資格:博士(医療福祉経営学)、MBA(経営学修士)、看護師・助産師 等
専門分野:母性看護学・生殖発達看護学 (女性学)・臨床助産学・助産教育学・臨床教育方法 等