普段はお仕事でネイルができない方も、簡単にネイルを楽しめるネイルチップ。
今回は「ネイルチップを作ってみたいけど、作り方がわからない!」という方に向けて、ネイルチップ基本の作り方や、上手に作るコツについて解説していきます。
初心者におすすめのデザインについてもご紹介するので、ネイルチップ作り初心者さんも参考にしてみてくださいね!

ネイルチップは魅力がたくさん

ネイルチップ
(画像=MASHUPより引用)

セルフネイルは時間もかかるし意外と大変ですよね。
ネイルチップならいろんなデザインも事前に作れて、簡単に付け替えも可能です。
また、ネイルチップならセルフネイルが苦手でも挑戦しやすいですよ!
そのほかにも、ネイルチップには魅力がたくさん!
ネイルチップを使うメリットを4つご紹介します。

【ネイルチップを使うメリット4つ】
1.ネイルサロンで行うネイルよりも安価。
2.爪への負担がネイルに比べ少ない。
3.チップにネイルを施すので、セルフネイルと違って利き手が使える。
4.付け替え簡単なので、休日だけネイルを楽しむことも可能。

セルフでできる!ネイルチップの作り方

ネイルチップ
(画像=MASHUPより引用)

「セルフでネイルチップを作るのってなんだか難しそう…。」と感じている方向けに、ここからは“初心者でもできる、基本のネイルチップの作り方”について解説します。

準備するもの

作り方をご説明する前にまずは準備物を確認していきましょう。

・好きな形のネイルチップ
まずは土台となるネイルチップを用意します。
ラウンド・オーバル・アーモンド・スクエアなど、いろんな形があるので好きな形を選んでください。
初心者の方は失敗した時のために、多めに用意しておくのが良いです。

・マニキュアやジェル
好きなカラーのマニキュアやジェルを用意します。
マニキュアを使用する場合は、ネイルの持ちを良くするためにトップコートも一緒に準備しておきます。
ジェルを使用する場合は、ジェルネイルを硬化させる専用のUVライトも準備しておきましょう。
UVライトはネット通販でも販売されています。

・ストーンやグリッターなどのネイルパーツ
「単色カラーだけでは寂しいけど、ネイルアートが苦手」という方は、ストーンやグリッター・パールなどのネイルパーツも準備します。
ネイルパーツを使うことによって、初心者の方でも“こなれ感”を出すことができますよ!

・爪やすりやバッファー
爪やすりはネイルチップの形を整えるために、バッファーは爪の表面を削ってなめらかにするために用意します。

・ネイルチップを固定するネイルチップスタンド
ネイルチップスタンドは、ネイルチップを固定するために使用するアイテムです。
ネイルチップは爪に添ってカーブがかかっているので、そのまま机の上に置いてマニキュアやジェルを塗ると動いてしまいます。
そんな時には、このネイルチップスタンドが役立ちますよ。

ネイルチップ基本の作り方

ネイルチップ
(画像=MASHUPより引用)

準備物が用意できたらネイルチップを作っていきましょう。
ネイルチップを作るには「基本の5ステップ」があります。
まずは基本を押さえて練習していけば、凝ったデザインも作れるようになりますよ!

ステップ1.ネイルチップの種類を選ぶ
ネイルチップには、さまざまな形の種類があります。

・ラウンドタイプ
自爪の形に近いデザインのネイルチップです。
丸みを帯びておりナチュラルな印象にしたいなら、この形がおすすめ。
ネイルチップ初心者でも扱いやすく、職場に付けて行っても浮きにくい上品なデザインです。

・アーモンドタイプ
アーモンドタイプは先がシュッと尖ったデザインです。
指が細く見えゴージャスな印象を受けます。
デートやパーティーなど“特別な日に使いたい”ネイルチップです。

・オーバルタイプ
オーバルタイプはラウンドタイプよりも縦に長いデザインです。
アーモンドタイプほど、先端がシュッとしていないので「オーバルタイプよりも華やかでアーモンドタイプほどは尖っていないデザインが良い」という方にピッタリです。

このようにネイルチップは種類が豊富!
好みのネイルチップの種類を選びます。

ステップ2.ネイルチップを自爪に合わせる
ネイルチップの形を選んだら一度爪に合わせてみましょう。
既製品のネイルチップは、自分の爪にピッタリ合わない場合がほとんどです。

そんなときは爪やすりを使って、自分の爪のサイズに合わせて整えます。
ポイントは「自分の爪の大きさよりちょっぴり大きいものを選ぶこと」です。

ステップ3.ネイルチップを固定する
ネイルチップが動かないように、ネイルチップスタンドを使って固定しましょう。
ネイルチップスタンドが無い場合は100均のフックでも代用可能です。
フックの先に両面テープを付けてネイルチップを張り付ければ、簡易のネイルチップスタンドになります。

ステップ4.マニキュアorジェルを塗って乾かす
ネイルチップに好きなマニキュア、もしくはジェルを塗ります。
マニキュアは自然乾燥、ジェルはUVライトを使って硬化させましょう。
アートやネイルパーツを乗せる場合は、この段階で仕上げておきます。

ステップ5.トップコートを塗って乾かす
ネイルチップの持ちを良くするためにトップコートを塗って乾かしましょう。
トップコートを塗ることによって、カラーとパーツが取れにくくなります。
まるでジェルネイルをしているかのような、立体感が出るトップコートも販売されていますよ!