Aloha! みぃです。
今日もワクワクするような、次のハワイにつながるような情報をお届けします!

ワイキキで少しびっくりするパンが味わえるお店をご紹介します。

真っ黒なパンに出会えるお店

真っ黒なパンが出てくるワイキキのディナー「BASALT/バサルト」
(画像=『LaniLani』より引用)

お店の場所オアフ島ワイキキのメインストリートでもある「カラカウア通り」の1本山側の「クヒオ通り」にあります。

近くにはナショナルマーケットプレイスがあります。

お店の名前は「BASALT/バサルト」。

オープンキッチンでワクワクしながらお料理を待つことができます。

そして今回ご紹介したいのはこちらの真っ黒なパン。

真っ黒なパンが出てくるワイキキのディナー「BASALT/バサルト」
(画像=『LaniLani』より引用)

インパクトがすごい真っ黒なパン。

竹炭が練りこまれているそうです。

このパンなんですが、お料理をオーダーすると必ずついてきます。

そしてこれがまた美味しい!

ホカホカの状態でサーブされてバターをつけていただきます。

ほんのり甘くどんどん食べてしまう味です。

このあとの料理があるので食べすぎないようにしましょう。

次に運ばれてきたのがこちら。

真っ黒なパンが出てくるワイキキのディナー「BASALT/バサルト」
(画像=『LaniLani』より引用)

グリーンサラダ。

やっぱりサラダはどこに行ってもオーダーしちゃいます。

旅行中は特に体調管理のため

気にしてサラダを食べるようにしています。

そして次はこちらが運ばれてきました。

真っ黒なパンが出てくるワイキキのディナー「BASALT/バサルト」
(画像=『LaniLani』より引用)

ロブスターのスープ。

ロブスターの風味がたっぷりで

濃厚なスープでした。

先ほどの黒いパンとも相性抜群。