本日のランキングは「世界観が独特な女性アーティストランキング」です!

素直に気持ちを表現するアーティストもいいけれど、時には王道から外れた、変わった世界観の曲を聴きたくなる時がありませんか?

今回はそんな曲を歌う女性アーティストをあつめ、アンケートを取ってランキングにしてみました。

「世界観が独特な女性アーティストランキング」の結果は…?

「世界観が独特な女性アーティストランキング」はこのような結果になりました。

世界観が独特な女性アーティストランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第1位:椎名林檎【世界観が独特なアーティスト】

第1位は「椎名林檎」さんでした!

初期は「あなたには殺されてもいいわ(『シドと白昼夢』より)」、「お前はきっとナイフを使う僕に恐怖を覚える(『メロウ』より)」など過激な表現を多く取り入れたり、3rdアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』ではすべての歌詞を文語体にするなど、同年代のアーティストとは一線を画す強烈な個性を放っていた椎名林檎さん。

世界観が独特な女性アーティストランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

最近では過激な表現こそ少なくなりましたが、根底にある独特な世界観は健在。ドラマやCMの主題歌を担当したり、オリンピックに使用される音楽制作に携わったりと、世間の認知度を着実に上げており、今でもファンが増え続けています。

第2位:あいみょん【世界観が独特なアーティスト】

第2位は「あいみょん」さんでした!

若者を中心に人気爆発中のあいみょんさん。『貴方解剖純恋歌~死ね~』では曲内で「死ね」を連発。「私を好きでないなら死んでしまえ」という歪んだ執着心を爽快感のあるロックチューンに仕上げています。

世界観が独特な女性アーティストランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

2019年2月18日には、初の武道館公演を開催。もっとも今後に期待されている若手アーティストの一人です。

第3位:中島みゆき【世界観が独特なアーティスト】

第3位は「中島みゆき」さんでした!

「時代」「糸」「地上の星」などヒット曲を挙げればきりがない、言わずと知れた日本を代表するアーティスト。独特の視点で世相や人の感情を切り取った歌詞を、フォーク調の曲に乗せ、朗々と歌い上げるスタイルは唯一無二です。

世界観が独特な女性アーティストランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

1996年のアルバム「大吟醸」の収録曲『悪女』にある、「悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる(中略)悪女になるなら 裸足で夜明けの電車で泣いてから 涙 ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから」というフレーズをはじめとする、ぞっとするようなせつなくなるような、人間の裏側をくりぬいたような歌詞は、老若男女問わず傷ついたものの心に響きます。