もっと毎日を楽しめる私になろう!
ココトレ
パーソナルコーチ・平田香苗が、毎日をもっと楽しく過ごしていくためのヒントをお届けします。アンラッキーなことが続いて落ち込んでしまったり、仕事の壁にぶつかってしまったり、働く女性なら誰もが日々何かしらあるもの。そんな時でも自分の力でアタマを切り替えて、「よしっ!」と前向きに一歩を踏み出せる強い心を持っていたいですよね。あなたも“心の基礎体力”を上げるトレーニングをしてみませんか?

Woman type読者の皆さん、こんにちは!
パーソナルコーチの平田香苗です。
季節柄体調を崩されている方も多いようですが、皆さんは大丈夫ですか?

前回のココトレでは「自分の行動を阻むものの正体は自分である」というお話をしました。
自分の中に聞こえてくる「言い訳の声」と向き合う習慣が、少しずつでもついてきていたら嬉しいです♪

さて、「言い訳の声」を乗り越えて行動を始めると、できている自分が嬉しくてモチベーションが上がります。
「私、できるじゃん!!」
ちょっと自分に自信がついて、この調子だったら上手く行きそう!そんな予感がするのですが……。

あれあれ?
数週間が経過した頃から、様子がおかしくなり始める場合があります。

「ダイエットするって決めてはりきってスポーツジムに入会したのに、最近足が遠のいてきた」
「今度はモノにするぞ!と始めた英会話。最初のうちは復習もしていたのに、最近は通うのがやっと」

……などなど、当初のモチベーションが続かないというケース。読者の皆さんの中にも思い当たる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ダイエットや習い事、始めてみたけど続かない―そんな時に効くモチベーション再燃の必殺技
(画像=『Woman type』より引用)

もしくは、「モチベーションは無くなってはいないんだけど、最近苦しくて」。そんなケースもあるかもしれません。

私も、ダンスの発表会に初めてエントリーしたものの、技術的な壁にぶつかって、しかもその技ができないのがクラスで私一人だけで、相当辛い時期がありました。
発表会前なのでレッスンを休むわけには行きませんし、気がつくとため息をついていたり、レッスン中もなんとなく笑顔がこわばっていたり。

モチベーションが維持できない――。
そんな時に私がコーチングでよくお話しするのは、「手段と目的を履き違えないこと」です。

例えば、スポーツジムに通い始めた方がいらっしゃるとします。
ジムに通おうと思ったのは、何を手に入れたいと思ったからでしょうか?
恐らく、「健康な身体」だったり「ストレス発散した自分」だったり「スリムなボディ」だったりすると思います。

そして、「健康な身体」や「ストレス発散した自分」や「スリムなボディ」を手に入れたいと思うのは、どんな自分になりたいからなのでしょう?
それは「痛みや不調のないエネルギッシュな自分」だったり「精神的な余裕があってにこやかな自分」だったり「外見にも自信を持っている自分」だったりするかもしれません。

私も、壁にぶつかって苦しむために発表会にエントリーしたわけではなく、「1曲を踊りきる喜び」が欲しかったり、「好きなことをやる自由な自分」だったり「ありのままをダダ漏れする自分」になりたいからこそエントリーしたんですね。
(私の場合「ダンスで自分を表現する」なんてそんな美しいものではないので「ダダ漏れ」なんです……笑)