少し肌寒い春や秋の日。
朝コーディネートを考えるとき何を着ていこうか悩むことはありませんか?
特に朝晩の冷え込み。春や秋は、最高気温と最低気温の差が大きい季節です。
「朝は寒かったから暖かい服を着ていったら、日中暑くて辛かった。」
「家を出るとき暖かかったので薄着で出てきたら帰るころには寒かった。」
みなさんも、こんな思いをしたことがあるのではないでしょうか。
この記事を読めば、気温17度の服装選びが難しい日でも快適におしゃれを楽しめるようになりますよ。

気温17度の服装選びのポイント

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

気温17度の季節は、春や秋など季節の変わり目になる時期です。
この時期の服装選びに迷う方はたくさんいます。

まずは自分の外出時間を考えることがポイントです。
出かける時間が日中の比較的暖かい時間帯であれば、さほど難しくはないはずです。
朝晩の冷え込む時間を含んでいる場合は工夫が必要ですね。

具体的には温度調整のできるコーディネートで出かけることです。
何か羽織れるものがあるのが一番いいでしょう。
ジャケットやライダース、薄手のコート、カーディガンなどがおすすめです。

最高気温17度の日のコーデ

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

日中はポカポカ陽が当たり暖かい季節です。
一年を通しても暑すぎなくて、寒すぎない、快適に過ごせる時期だと言えるでしょう。

しかし夜に近づくにつれて急激に気温が落ち寒くなってしまいます。
最低気温は10度前後になるので薄手の上着では寒いと感じるでしょう。
夜の寒さに耐えられるコーディネートを紹介します。

おすすめのアウターコーデ

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

ふっくらとボリューム感のあるロングカーディガンを着ることで暖かさとかわいさの両方を叶えることができます。
まだ膝丈のロングカーディガンでは脚の冷え防止だけでなく、体型カバーもできますよ。
あえてゆったりとしたワイドパンツを合わせることで、こなれ感を演出することができます。

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

近年のアウトドアブームをきっかけに定番のアウターとなったマウンテンパーカー
登山などのアウトドアで使用するために作られているので、防寒機能に優れているのが特徴です。

スカートと合わせることでカジュアルすぎない女性らしいコーディネートになります。
マウンテンパーカーをシンプルに着てしまうとボーイッシュに見えてしまうので、華奢なアクセサリーを合わせるといいですよ。

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

カッコイイコーデの定番ライダース
白のニットにシフォンスカートを合わせた上品なコーディネートです。
足元にブーティーをもってくると、まとまりますね。
髪をアップスタイルにすると女性らしさが出るのでおすすめです。
ノーカラージャケットはタートルネックとの相性が抜群なので、このままマネしたいコーディネートですね。

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

夜の冷え込むこの季節には、コートとカーディガンを掛け合わせたコーディガンがおすすめです。
アイボリーのコーディガンに白のパンツを合わせて上級ワントーンコーデが完成します。
適度なカジュアル感があるので親しみやすい女性だと印象付けてくれます。
力の抜けたおしゃれが素敵ですね。

おすすめのニットコーデ

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

時には重ね着をしないで1枚でサラッと服を着こなしたいですよね。
そんなとき活躍してくれるのが厚手のニットです。
ダメージ加工のあるニットに女性らしいAラインスカートを合わせることで、上品な甘辛ミックスコーデになりますよ。

最低気温17度の日のコーデ

気温17度の服装選びのポイント
(画像=MASHUPより引用)

日中は25度前後まで気温が上がるため半袖でも過ごすことのできる時期です。
気温は高いですが、風が涼しいので半袖だけで外出すると肌寒く感じます。

しかしこの時期も朝晩の冷え込みがあるため薄手の上着を持っていくか、薄手の長袖を着用するといいでしょう。