まだまだ暑い日が続きますが、季節は少しずつ秋へ。オシャレさんの指先もそろそろ秋モードへシフトする頃です。そこで今回は、「秋口にまといたいネイルカラー」をランキング形式でご紹介します。木の実が熟していくように、ネイルにも少しずつ深みのある色味を選んでいきたい秋の入り口。かつ残暑にも浮かない絶妙なバランス感のネイルを集めてみました。秋が旬のカラーをいち早くチェックして、先取りオシャレを楽しんでみませんか?

ネイルから秋を先取り

先取りオシャレが叶う!“秋口にまといたい”ネイルカラーTOP7
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

夏から秋へと向かう頃には、深みを感じさせつつも軽さの残るカラーが似合います。透け感やツヤを活用するなど、カジュアルでこなれた雰囲気を意識するとGOOD。まだ暑い時期から秋カラーをまとって、ちょっぴり冒険気分で先取りオシャレを楽しむのもおすすめですよ。

秋口におすすめのネイルカラーTOP7

7位:あたたかみオレンジ

先取りオシャレが叶う!“秋口にまといたい”ネイルカラーTOP7
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

夏にも秋にも似合うカラー、オレンジ。秋に向かう時期には、ポップなオレンジよりも少し熟したオレンジを選んでみましょう。オシャレな塗りかけネイルにした柿色オレンジが秋の訪れを歓迎してくれます。

6位:落ち着いたパープル

先取りオシャレが叶う!“秋口にまといたい”ネイルカラーTOP7
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

パープルの落ち着いた発色は、夏のテンションをクールダウンして、シックな秋モードへと変換するのに最適。パール質感で軽やかに仕上げると、涼しげな雰囲気が漂います。

5位:クールなカーキ

先取りオシャレが叶う!“秋口にまといたい”ネイルカラーTOP7
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

辛口なイメージのカーキは、すでに夏から人気を集めていたカラー。もちろん秋の季節感にもピッタリはまる一色です。こちらはまろやかなカーキがカジュアルな印象。ミラーネイルや囲みネイルとかけ合わせてトレンド感もアップしましょう。