近年、ハワイはパワースポット巡りのツアーが人気。
儀式を行っていた神殿跡、ハワイの神様にまつわる場所、不思議な力を宿した石や場所などを巡るツアーです。
そのような場所は、昔からマナが宿っていると考えられてきました。
マナとは、目に見えない神秘的な力のことです。
一般に公開されている聖地もたくさんありますので、ぜひ訪れてマナを感じてみましょう!
今回は、オアフ島最大のヘイアウ(神殿跡)「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」をご紹介します。

海を見下ろす、崖の上の巨大なヘイアウ

ノースショアから車で20分。オアフ島最大の「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」
(画像=『LaniLani』より引用)

プウ・オ・マフカ・ヘイアウは、オアフ島北部にあります。
ノースショアから車で約20分。
山をどんどんのぼっていく途中、ちょっと心細くなるほどの細い道を通り抜けると、ワイメア湾を見下ろす崖の上にたどり着きます。
崖の上はかなり広い平らな場所になっていて、低い石垣で大きく長方形に区切られた場所が3つ階段状に連なっているを見渡すことができます。
このヘイアウは17世紀に造られたそうで、チーフが変わるごとに、ヘイアウの区画を増やしたので、階段状になっています。

生贄を神に捧げる生命の儀式が行われたことも

ノースショアから車で20分。オアフ島最大の「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」
(画像=『LaniLani』より引用)

石垣に囲まれたヘイアウの中には、昔はキイと呼ばれる木彫りの像、祭壇、聖なる太鼓を納める小屋などが置かれていました。
常に火が燃やされ、さまざまな供物が供えられていたことでしょう。

このプウ・オ・マフカ・ヘイアウは、ハワイ語で「逃れの丘」という意味です。
かつては、王妃がここで出産をした場所だったようです。
その後、ルアキニ・ヘイアウといって、チーフが神に祈りと生贄を捧げるヘイアウとして使われました。
1794年、英国海軍バンクーバー船長の部下3名が、ここで生贄として神に捧げられたと記録があります。

神聖なプウ・オ・マフカ・ヘイアウの見学の仕方

ノースショアから車で20分。オアフ島最大の「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」
(画像=『LaniLani』より引用)

ヘイアウの中には入ることはカプ(禁止)されていますが、周囲をぐるりと見学できる、トレイルがあるので、ぜひ一周してみてください。
昔、ワイメアにはたくさんのハワイアンが住んでいて、大きなコミュニティを形成していました。
このプウ・オ・マフカ・ヘイアウも、チーフを中心に、大勢のカフナ(聖職者)たちが、重要な儀式を行っていたことでしょう。
そんな当時のことを、想像してみてください!

実際に行ってみると、崖の上ということもあり、風の音しか聞こえない、寂しい感じがしました・・・。
かつて人身御供が行われていたと知ると、余計に怖い感じもしますね。
ひと気のない寂しい場所なので、ツアーガイドさんと一緒に行くことをお勧めします。


提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選
å