年齢が上がると転職が難しくなると思っている人は多い。でも、実際のところはどうなのだろうか。採用時に人事はどんなところを見ている? 既婚女性や子どもがいる女性よりも、独身女性のほうが有利なの? 転職市場において、働く女の価値は年齢によって左右されてしまう? 気になる採用の舞台裏に迫る。

働働く女性たちの半数以上が30歳以降の転職は不利になると回答

会社の外に飛び出し、転職をするとしたら、どのように評価されるのだろうか。将来のキャリアを考えれば、当然気になってくる問題だ。女性たちの大半は年齢が高くなるほど、転職時には不利になると考えている。

働く女性の7割が仕事は頑張っているけれど会社からは評価されていないと認識【働く女の価値は30歳を過ぎたら下がるのか?】
(画像=「20代後半の転職はネックになる」と考える人は20代では5割弱。しかし30代では2割強にとどまる。30歳の転職については、20代・30代ともに6割強が「ネックになる」と回答している。、『Woman type』より引用)

35歳の転職だと「年齢がネックになる」と考える女性が圧倒的に多い。30代の回答結果からは、実際にそれを実感している様子が伺える。

果たして、それは事実なのだろうか。

働く女性の7割が仕事は頑張っているけれど会社からは評価されていないと認識【働く女の価値は30歳を過ぎたら下がるのか?】
(画像=35歳の転職だと「年齢がネックになる」と考える女性が圧倒的に多い。30代の回答結果からは、実際にそれを実感している様子が伺える。、『Woman type』より引用)

「20代なら、スキルや経験が採用基準に満たなくても、それを補うだけの成長意欲や吸収力があれば、高く評価します。30代で採用するのは、即戦力ですね」(システム開発会社人事)

同様にある情報サービス会社の人事は「在職年数が長ければ、それにふさわしい実績を積んでいるかを重視します。30代なら、プロジェクトをとりまとめた経験やマネジメント経験がある人は評価が高くなります」と語る。

そして、あるシステム開発会社人事からはこんな本音も。「長く勤務していただきたいポジションの場合は、同じスキルであればやはり若い方のほうが内定の可能性が高いと思います」。また「会社の方針で新卒入社に注力しているので、基本的に30代よりも20代を採用していきたいと考えている」(IT業界人事)というケースもある。

予想はしていたものの、やはり年齢が上がるほど企業側の採用基準は上がるといえそうだ。

働く女性の7割が仕事は頑張っているけれど会社からは評価されていないと認識【働く女の価値は30歳を過ぎたら下がるのか?】
(画像=『Woman type』より引用)

さらに、キャリアカウンセラーの藤井佐和子さんによれば、「30代は、ヒューマンスキルの面でも即戦力であることが求められる」と話す。

「新しい環境にもすぐに適応し、職場の人たちとコミュニケーションしながら必要な情報や知識はみずから動いて吸収していく能動的なタイプは転職市場でも強いですね。反対に、常に指示待ちで受け身なタイプは非常に厳しいといえます」
ビジネススキルにおいても、ヒューマンスキルにおいても、「我が社ですぐ活躍してくれる」と人事に確信させるだけのものを持つ。転職市場においても、それが30歳を過ぎても価値を下げない秘訣といえそうだ。