コロナの影響により病院に行きづらくなったと感じる人も多く、エスティ ローダー グループの調査によると、乳がん検診を控えたという女性も多いようです。今回は乳がん撲滅への「ピンクリボンキャンペーン」や乳がんのセルフチェック法などをご紹介します。

コロナ禍に「乳がん検診控え」をした人が約2割“セルフチェックがより重要な時代に”

月に1度のセルフチェックで乳がんのない世界へ!エスティ ローダー グループ2021乳がんキャンペーン
(画像=『Lovely』より引用)

エスティ ローダー グループが全国の20~60代の女性300名を対象に、「乳がんに関する意識調査2021」を実施したところ、調査結果より国内で推奨されている2年に1度の乳がん検診を受けている人は40.0%にとどまっていることがわかりました。

月に1度のセルフチェックで乳がんのない世界へ!エスティ ローダー グループ2021乳がんキャンペーン
(画像=『Lovely』より引用)

また、コロナの状況を受け「乳がん検診を控えた」と回答したひとが18.3%おり、早期発見のためにもセルフチェックがより重要な時代になっています。

月に1度のセルフチェックで乳がんのない世界へ!エスティ ローダー グループ2021乳がんキャンペーン
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、月に一度セルフチェックをしている人はわずか9.3%であることが明らかになりました。

月に1度のセルフチェックで乳がんのない世界へ!エスティ ローダー グループ2021乳がんキャンペーン
(画像=『Lovely』より引用)

毎年10月はピンクリボン月間として、乳がんに関わる様々な活動、キャンペーンが行われています。キャンペーンの認知度は45%でしたが、キャンペーンを知っていてもどのように参加したら良いか分からない方が8割を超える結果となりました。

エスティローダー グループは、だれもが気軽に参加できる機会を提供し、社会全体で乳がんのない世界の実現を目指しており、誰もがすぐはじめられる行動として、早期発見のためのセルフチェックを呼びかけています。

「乳がんに関する意識調査2021」POINT

  • コロナ禍に「乳がん検診控え」をした人が約2割。セルフチェックがより重要な時代に。
  • 2年以内に乳がん検診を受けた人は4割にとどまった。
  • 乳がんキャンペーン(ピンクリボン活動)の認知度は45%。一方で、参加の仕方が分からない人は85.9%。

※調査結果:エスティ ローダー グループ調べ