SNSで話題の「1000円チャレンジ」に「かっぱ寿司」が参戦!

かっぱ寿司社員による「1000円チャレンジ」!旬もの、破格セット...ツウな食べ方は?
(画像=『Lovely』より引用)

100種以上のメニューがあるかっぱ寿司で、「1000円あるとしたら何を頼むか」を、運営会社のカッパ・クリエイトに取材しました。

かっぱ寿司をよく知る"中の人"なら何を選ぶのか。今回は3名のチョイスを、その理由と合わせて紹介します。

「席についたら真っ先に注文」

(1)秋ならではの旬の味覚(PR広報担当/30代女性)

かっぱ寿司社員による「1000円チャレンジ」!旬もの、破格セット...ツウな食べ方は?
(画像=『Lovely』より引用)

・茶碗蒸し(198円)

・寿司屋の秋天ぷら盛合わせ(330円)

・茄子の揚げびたしにぎり(2貫110円)

・新物 待望のうに(2貫330円)

合計968円

店内で蒸しているからこその、とろっと滑らかな舌触りと出汁感は、席についたら真っ先に注文します。そして毎年この時期だけのお楽しみの新物うに! うに好きにとっては頼まないわけにはいかない商品です。

かっぱ寿司社員による「1000円チャレンジ」!旬もの、破格セット...ツウな食べ方は?
(画像=『Lovely』より引用)

天ぷらはリニューアルして、よりサックサクになりました。いつでも揚げたての天ぷらは、あえて単品で楽しみます。季節によって中身が変わりますが、この時期はなんと牡蠣の天ぷらが! 牡蠣といえばフライのイメージなのでちょっと珍しいですが、ふっくらとしていて美味です。

かっぱ寿司社員による「1000円チャレンジ」!旬もの、破格セット...ツウな食べ方は?
(画像=『Lovely』より引用)

実は店内調理の多いかっぱ寿司。魚介類だけでなく、茄子も毎日切って揚げています。派手さはないのですが、お出汁と茄子、そしてシャリが相性抜群です。