次のチャレンジ応援します!
Another Action Starter

日々の暮らしの中で、ちょっとしたチャレンジをすること。それが、Woman typeが提案する「Another Action」。今をときめく女性たちへのインタビューから、挑戦の種を見つけよう!

2020年、長年慣れ親しんだ環境を離れ、新しいキャリアのステージを歩み始めた剛力彩芽さん。2021年10月7日(木)に幕を開ける舞台『2つの「ヒ」キゲキ』では、ヒロイン役に抜擢され、ますます活躍の場を広げている。

「安定よりも、チャレンジすることを選びました」

コロナ禍の不安定な環境の中での挑戦。このチャレンジが彼女に与えたものとは何だったのだろうか。

「このままでいいのか」コロナ禍の決断

「20代半ばくらいから、自分のキャリアも生き方も、このままでいいのかな、という思いが強くなっていきました」

会社組織から一歩足を踏み出した時に、自分には何ができるのか。自分の本当の実力とは、一体どの程度のものなのか。

30代が近づくにつれて、そんな疑問を感じるようになっていったと剛力さんは明かす。

悩んだ末、28歳の時に新たなステージに進むことを選択。未来を案じるより、自分の心の内にある「ワクワクする気持ち」に素直に従って、進む道を決めたという。

20代はがむしゃらに働いてきた。その努力は決して無駄ではなかった。それは、ドラマや映画のみならず、舞台などでも活躍の幅を広げる現在の剛力さんの活躍ぶりが証明している。

そして、今まで以上に剛力さんが大切にしているのが、信頼の獲得。自分にしかできない仕事とは何か、どうしたら周囲の期待を超えられるのか、「よりいっそうシビアに考えるようになった」と話す。

それでも、働くことの「楽しさ」はキャリアを重ねるにつれて増していると笑顔を見せる。

「全部、自分で選んだことだから、楽しさが増すんでしょうね。不安定な環境かもしれないけれど、失敗しても辛くても、自分で選択したことならどんなことも前のめりで楽しんでいけるんだと思います」

2週間の「短期集中」稽古で感じた成長

今、剛力さんが取り組む最大の挑戦は、舞台『2つの「ヒ」キゲキ』のヒロイン役を演じることだ。

【剛力彩芽】未来を案じるより「ワクワクする気持ち」に素直に。“キャリアの安全圏”抜け出し掴んだ自分らしい生き方
(画像=舞台「2つの『ヒ』キゲキ」は、女優であり、演劇ユニット・プロペラ犬を主宰する水野美紀と、東京マハロの主宰を務める矢島弘一がタッグを組む作品。悲喜劇をテーマにした2幕構成となり、1幕「パンティーアナキズム」では矢島が、2幕「テクタイト」では水野が脚本・演出を手がける、『Woman type』より引用)

昨年末はコロナ禍の影響で、出演を予定していた舞台の海外公演が中止に。やりたい仕事が思うようにかなわない状況に、悔しい時期を過ごした。その分、今回の舞台に懸ける想いも、舞台に立てる喜びも大きい。

舞台『2つの「ヒ」キゲキ』は、女優・水野美紀さんと、ドラマ脚本で向田邦子賞も受賞している劇団東京マハロ主宰の矢島弘一さんがタッグを組んだ作品だ。

水野さんと矢島さんがそれぞれ脚本を書き下ろし、その二つの物語がリンクして一つにつながる新感覚の舞台。剛力さんは、それぞれの作品でヒロイン役を演じ分ける。

「台本を見て、絶対にやりたい! と思いました。直感的に、これは面白い舞台になるぞ、と分かったので。稽古の期間があまりなくて心配でしたが、ぜひ私にやらせてほしいと水野さん、矢島さんにお伝えしました」

通常、舞台の稽古には一カ月程度の時間をとる。しかし、今回の作品で剛力さんが稽古に参加できたのはたったの2週間。タイトなスケジュールの中で、役作りに専念した。

「いずれの役も自分自身とはかけ離れたキャラクターなので、感情をうまく表現するのは大変で。演出家、スタッフの皆さんにどんどん質問しながら、役への理解を深めていきました」

独立前は、「言われたことをやるのに必死で、質問すらできない自分が嫌でした」と明かす剛力さん。「私も少しは成長したみたい」と弾けるような笑顔を見せた。