アマゾン流でマネジメントの悩みを解決!
「管理職1年目の壁」突破法
元アマゾン ジャパン管理職、『amazonのすごいマネジメント』(宝島社)著者の二人が、管理職1年目の女性たちの仕事の悩みに回答! アマゾン流のベストプラクティスを使い、「管理職一年目の壁」を乗り越えるヒント、マネジメントの仕事を楽しむ秘訣を提供していきます

管理職1年目の悩み

著者名

Bさん

マネージャーになっていつも悩むのが目標の設定です。

課全体の短期的な目標、3カ年計画など長期的な目標、そして、メンバー一人一人の個人目標……。

いずれも、低すぎても目標にならないし、高すぎても「どうせ無理」とメンバーをしらけさせることになり、目標をどんな風に考えればいいのかが分からず困っています。

(Bさん:マネジャー歴10カ月/29歳/マーケティング系職種)

著者名

【回答者プロフィール】
小西 みさをさん

アマゾン ジャパンの黎明期から急成長した13年間、アマゾンのブランド価値向上に貢献。経営メンバー兼広報本部長として、アマゾン ジャパンのリーダー育成に深く関わる。2017年1月にPR・ブランディングコンサルティング会社AStory合同会社設立、代表就任。 20年3月にaLLHANz合同会社共同代表に就任

小西さんからの回答
目標設定は一筋縄ではいかない。まずは会社全体の目標を把握して

目標設定は多くのマネージャーにとって、人材マネジメントをする上で大きなチャレンジの一つです。

私も多くの企業の目標設定に関わってきましたが、いずれも一筋縄ではいきませんでした。そして、私自身も「簡単にできた」と思ったことは一度もありません。

なので、まずは安心してください。目標設定は深く考えて、悩みながらつくることに意味があるのです。

では、目標設定で大切なこととは何でしょうか。

まずは、「自分の会社はどのような目標を達成しようとしているのか」を理解することが重要です。

『amazonのすごいマネジメント』著者が悩みに回答!目標設定が苦手な管理職は「SMARTゴール」を活用しよう
(画像=『Woman type』より引用)

Bさんは、自社の目標をすぐに答えられますか? 売り上げ目標でしょうか。それともビジョンやミッションの達成の方が重要でしょうか?

アマゾンを例に挙げると、常にビジョンから逆算した目標設定が求められていました。そのビジョンとは、「地球上で最もお客さまを大切にする企業であること」というものです。

一見どの会社でも、同じようなことを言っていそうだと思うかもしれませんが、このビジョンは会社や各組織の目標設定のほか、さまざまな意思決定をする上で大変重要な役割を果たしていました。

アマゾンはグローバルカンパニーですが、どの国においてもこのビジョンから逆算した目標設定を行っているのです。

例えば、皆さんもご存じのアマゾンのオンラインショッピングビジネスにおいては、このビジョンを達成するために「品ぞろえ、価格、利便性をイノベーションで(課題解決をし)強化する」というミッションを掲げています。

つまり、書籍、家電、ファッション含め、どの部門においてもお客さまのニーズにお応えするために品ぞろえを強化し続けることが目標に含まれます。

『amazonのすごいマネジメント』著者が悩みに回答!目標設定が苦手な管理職は「SMARTゴール」を活用しよう
(画像=『Woman type』より引用)

そして、価格についてもお客さまの満足度を高めるためには、より安い価格で提供するための施策を継続して講じることが求められます。もちろん、「利益も出しながら」です。

利便性においても、在庫率を上げるなど、オンラインでの買い物がオフラインと同等もしくはそれ以上の環境になるような目標設定をすることが必要とされていました。