LGBTに対して理解はしているものの、どのような歩み寄りかたをすれば良いのかわからない人もいるでしょう。

そこで、fumumu取材班は、さまざまな困難に出会いやすいと思われるLGBTの人たちが、ほかのマイノリティに対しどのように理解を示そうとしているか聞いてみました。

①決めつけない

「大事なのは『決めつけない』こと。どのマイノリティでも起こり得ることだと思うのですが、たとえば『レズビアンは○○』というような感じで、それが合っているか合っていないかは別として、特定の集団には固定観念みたいなものが付きまといがちだと思うんですよね。

もしかすると全体を見た時に本当にそういう傾向が見られるということもあるかもしれませんが、結局のところは個人の集まりなので、出来るだけ先入観を持たないように注意しています」(20代・女性)

②自分の物差しで判断しない

「他のマイノリティの人たち、同じマイノリティの人であっても、完全に自分と同じ性自認や恋愛観の人はいないと思っています。だからこそ、多様性・相手を認めるように、自分の物差しで判断することがないようにしたいと。

LGBTだからこそ分かり合えることもあるし、LGBTだから視野や考えが狭くなりやすいこともあるから、きちんと相手を理解しようとその気持ちをいつも大切にしています」(20代・女性)