いろいろな商品が棚いっぱいに広がるスタイルが印象的な、大人気のアメリカ生まれのスーパー、コストコ。
著名人にもファンが多く、テレビや雑誌で特集されることも多いので、知っている人も多いのではないでしょうか?
コストコでは、食料品から日用品までさまざまなジャンルの商品を取り扱っています。
「どれも大容量な割にお値段も安い」というコスパの高さが人気の秘訣。
その中でも特にコスパが良いと人気なのがピザ!
味・大きさ・お値段の3つがそろった優秀アイテム!
この記事では、そんなコストコのピザの基本から、値段、食べ方、おすすめのフレーバーまで徹底解説します!

コストコのピザは誰でも買える?

コストコ,ピザ
(画像=MASHUPより引用)

まずはコストコのピザの買い方から解説します。
実はコストコの商品は誰でもすぐに買えるわけではないんです!
では、どうやったら買えるんでしょうか?

コストコを利用するには「コストコ会員」になる必要あり!

知っている人も多いかもしれませんが、コストコは会員制のスーパーです。
ピザに限らず、コストコで買い物をするには年会費を支払ってコストコ会員になる必要があるんですね。

気になる年会費は、一般的な会員で4840円(税込)
金額だけ見ると「この値段でピザ買える!」と思ってしまいますが、商品価格が割安でポイント還元もつくなどの特典もあります。
決して高い金額ではないと思いますよ。

会員になると会員カードが発行され、1枚の会員カードで同時に3人まで入店できます。
お友達が持っていれば、一緒に連れて行ってもらうこともできるというわけですね。
また、会員と同居の家族なら家族カードも1枚だけ作成できます。
家族カードも同時に3人まで入店可能ですよ。

会員には、エグゼクティブ·ゴールドスター会員とゴールドスター会員の2種類があり、年会費や特典、ポイント還元率が違います。
エグゼクティブ・ゴールドスター会員の場合、年会費は9900円(税込)
年間購入金額の最大2%エグゼクティブリワードを獲得特典や、年4回のエグゼクティブ会員限定のクーポン発行など、よりお得にコストコを利用することができます。
一般会員の約2倍の金額ですが、コストコを日常的に使う人にはいいかもしれませんね。

遠くてお店に行けないという人には、会員登録後に通販サイトでコストコのピザを買える場合もありますが、ここではコストコ以外の業者が仕入れ・販売を行っています。
お店で買うよりも値段も高いので注意しましょう。

コストコ会員になる方法

コストコ,ピザ
(画像=MASHUPより引用)

コストコを使ったことがない人は、まずは会員になることが最初のステップです。
ここでは、会員登録の方法について詳しく解説していきます。

コストコは18歳以上なら誰でも会員に申し込めます。
申し込み手続きは、店舗での登録かインターネットでの登録かを選ぶことができますが、手順が少し違います。

店舗で申し込む場合には、受付カウンターで申込書の記入・免許証や保険証などによる本人確認・顔写真の撮影をします。結構しっかりしてるんですね!
とはいえ、必要なものをきちんと準備していけばその場で終わるので安心です。

「ネットの方がもっと簡単なんじゃないの?」と思いますが、実はネットの方がちょっと複雑。
オンライン入会のページで必要事項を入力・送信後に「メンバーシップ番号」というものが発行されます。
その番号をメモして持参のうえ、店舗で本人確認と写真撮影を行わないといけないんです。
ネットの方だともうワンステップ増えるイメージ。
どちらにしろ、店舗での手続きは欠かせないというわけですね。

また、オンライン決済はMastercardのみとされているようなので、それ以外のクレジットカードだと決済できないので注意が必要です(2021年9月現在)。

コストコで買えるピザの種類・大きさ・値段

コストコ,ピザ
(画像=MASHUPより引用)

無事に会員登録を済ませたら、おすすめのピザを探しに行きましょう!
コストコで買えるピザは、冷蔵・冷凍・フードコートの3種類
ピザと一言にいっても、それぞれの特徴や大きさ、値段も違っています。

コストコのピザをどんなシーンで食べたいかによって選び方も変わりますが、まずはそれぞれの基本的な特徴をしっかり押さえておきましょう。

1.デリコーナーの冷蔵ピザ

まずは冷蔵状態で売っているピザ。
こちらはコストコ内のデリ(総菜)コーナーで買えるもので、具材がトッピングされた調理前の冷蔵ピザのことです。

そのサイズはなんと40cm!大きいですね!
1枚買うだけで5~6人前はあるであろう大きさ。
食べ応えもありますし、家族や友人でシェアするのも楽しそうです。
ただ、その分商品の箱も大きく、持ち帰りや冷蔵庫での保管が大変なのがデメリット。
買うつもりなら事前に冷蔵庫の整理整頓がマストですね。

季節によってフレーバーが入れ替わるので、その時々でいろいろな味が楽しめるのも特徴。
中でも定番なのは「5色チーズ」「パンチェッタ&モッツアレラ」 「シーフード」など。

価格はフレーバーによって違いますが、大体1500~2000円(税込)ほど。
このサイズのピザにしては安いですね!
ただ、冷蔵品なので日持ちしません。
賞味期限が3日ほどと短いので注意が必要です。

2.冷凍食品コーナーの冷凍ピザ

コストコ,ピザ
(画像=MASHUPより引用)

次に紹介するのは、冷凍状態のピザ。
デリコーナーのピザと同じように、具材がトッピングされている調理前の冷凍ピザです。
冷凍食品コーナーの顔ともいえる商品ですね。

こちらのサイズは20~30cm
デリコーナーの冷蔵ピザよりもやや小ぶりですが、その分持ち運びや保管がしやすく、冷凍食品なので賞味期限がかなり長いのが魅力。
冷蔵ピザのデメリットをしっかりカバーしている商品ですね。
買い置き用や、少し先のパーティー用に取っておくこともできそうで、使い勝手も良いですね!

フレーバーはペパロニやチーズなど定番のものが数種類。
お値段は1箱あたり3~4枚入りで1000~ 1600(税込)円ほど。
小ぶりとはいえ、1箱に何枚も入っていてこの値段はビックリ!

他にも、直径約6cmで24枚も入った冷凍ピザもあります。
ちょっとしたおつまみや軽食にピザを楽しみたいときにピッタリですね!
とても手軽にピザが食べられるのは嬉しいですが、食べすぎ注意です!

3.フードコートの焼き立てピザ

何といっても、ピザが一番おいしいのは焼き立て!
コストコにはフードコートもあり、そこで焼きたてのおいしいピザを買って食べることができます
広い店内を歩き回って疲れたときに、熱々の焼き立てピザなんて贅沢ですね。

フードコートで買えるピザのサイズは、45cmのピザ1枚の「ホール」と、ホールを6分の1にカットした「スライス」の2種類です。
スライスの方でも、元が大きなピザなので食べ応えは十分ありそうですね。

フレーバーはチーズやマルゲリータなど常時数種類用意されています。
季節限定フレーバーもあるので、お店に行く時期によって違った味に出会えるのも嬉しいポイント。

お値段はホールが1580 円(税込)、スライスが300円(税込)
みんなでシェアしても、おひとり様でもお手頃価格ですね。

スライスを注文すると、すでにカットされたものがすぐに受け取れるので、急いでいるときやお腹が空いて待てないときにはおすすめ。
ホールは注文を受けてから焼くためしばらく待ちますが、待った分だけ美味しい焼き立てピザが楽しめます。

どちらを注文するにしろ、お昼時はフードコート全体が混みやすいので注意しましょう。