れもんらいふと富士吉田市が行う「富士吉田市本町通り活性化プロジェクト」の推進事業のひとつとして、9月26日(日)、山梨県富士吉田市に「喫茶檸檬(キッサレモン)」がオープンした。同店にて、猿田彦珈琲によるオリジナルブレンドのコーヒーや珈琲牛乳が販売される。

地域の更なる活性化を目指すプロジェクト

山梨初!猿田彦珈琲が富士吉田市「喫茶檸檬」にてオリジナルブレンドや珈琲牛乳を販売
(画像=『STRAIGHT PRESS』より引用)

山梨県富士吉田市にある富士吉田市本町通りは「富士山がきれいに見える商店街」として注目されている一方、経済のグローバル化により、商店街は一気に衰退したという。

そんな本町通りを起点に、地域の伝統産業を活用した事業とPR力のあるクリエイターを誘致した長期運営で、地域の更なる活性化を目的としたのが「富士吉田市本町通り活性化プロジェクト」だ。

猿田彦珈琲が賛同しメニューを開発

山梨初!猿田彦珈琲が富士吉田市「喫茶檸檬」にてオリジナルブレンドや珈琲牛乳を販売
(画像=『STRAIGHT PRESS』より引用)

そこに、れもんらいふアートディレクター千原徹也氏が空き店舗をリノベーションし、富士吉田の資源と東京のクリエイティブを融合したカフェ「檸檬喫茶」をプロデュース。

その中で、以前から親交のある千原氏からの声がけをきっかけに、猿田彦珈琲がプロジェクトに賛同し、オリジナルブレンドのコーヒー豆「喫茶檸檬ブレンド」や一部メニューを開発した。

なお、山梨県での猿田彦珈琲の商品の販売は、今回が初となる。

猿田彦オリジナルのブレンドと珈琲牛乳

この度登場する「喫茶檸檬ブレンド」は、100%スペシャルティコーヒーのブレンドで、深煎りコーヒーの香ばしさがありながら、キャラメリーな豊かな甘みと上品で綺麗な余韻が特徴。

山梨初!猿田彦珈琲が富士吉田市「喫茶檸檬」にてオリジナルブレンドや珈琲牛乳を販売
(画像=『STRAIGHT PRESS』より引用)

「珈琲牛乳」は、猿田彦珈琲のロゴを配置したオリジナルの牛乳瓶を制作し、牛乳と「喫茶檸檬ブレンド」のコーヒーのみを使用し、甘さ控えめ大人の味に仕上げた。

やわらかい牛乳の甘みとフルーティで芳しいコーヒーのコンビネーションを楽しもう。