整理収納コンサルタントの春名陽子です。「家に収納グッズがたくさん…」「SNSを真似したけれど自分には合わなかった…」こんな経験はありませんか?家族構成や収納スペースは各家庭によって異なるので、他の方のおすすめが自分に合うとは限りません。今回は失敗を防ぐための【収納グッズの選び方】についてご紹介します。

購入前に意識したい事

収納アイテム選びにはコツがある!片付けのプロが教える「失敗しない収納グッズの選び方」1.jpg
(画像=michillより引用)

モノを出し入れしやすくするために欠かせない収納グッズ。

しかし、収納グッズを「最初」ではなく「最後」に購入した方がいいのはご存知ですか?

まず「整理(=不要なモノを取り去る)」をし、モノを適正量(=自身が管理できる量)まで減らすと収納グッズはさほど必要なくなるのです。

「何をどのくらい入れたいか」を明確にし、「そのためにはいくつ収納グッズが必要か」を考える必要があります。

定番を決める

今や様々なお店で収納グッズが売られており、何が良いか迷ってしまいますよね。そんな時は以下の3つについて決めておくのがおすすめです。

①購入するお店を絞る

収納アイテム選びにはコツがある!片付けのプロが教える「失敗しない収納グッズの選び方」1.jpg
(画像=michillより引用)

予算や見に行ける範囲にお店があるかなど、自分が購入しやすいお店を決めましょう。

「安物買いの銭失い」という言葉があるように、安価なショップは作りが脆い場合もありますので、気になる点があれば比較し、多少高くても丈夫な商品を買う事が大切です。

収納箇所に応じて、値段のメリハリをつけるのも1つです。

私の場合、玄関収納は「100円ショップ」、その他は「無印良品」と統一しています。

②色を決める

収納アイテム選びにはコツがある!片付けのプロが教える「失敗しない収納グッズの選び方」1.jpg
(画像=michillより引用)

「認識しやすいよう人別に色分け」「スッキリして見える白色」など、自分や家族の使いやすさを意識しましょう。

「透明」は生活感が出るものの、中身が認識しやすいメリットがあります。

③形を決める

丸型のモノや、四角いモノなど様々な形がありますよね。

丸型はとても可愛いのですが無駄な空間が出来てしまうため、空間をいかしたい場合は四角を選ぶと良いでしょう。

買い足し・使い回し

収納アイテム選びにはコツがある!片付けのプロが教える「失敗しない収納グッズの選び方」1.jpg
(画像=michillより引用)

家族構成の変化や、住居の引越しなど、様々な理由で収納用品を増やす事もあると思います。そんな時は「買い足し」できるかがポイントです。

買い足そうとしたら廃盤…なんてこともありますので、お店の定番品であるかも購入時に確認しましょう。

また、家中の様々な箇所で「使い回し」できるかも大切です。

用途が限定されないモノを選ぶと家中で活躍してくれます。