夏から秋にかけて旬を迎える梨は、みずみずしくて甘いため太りやすい果物だと誤解されがち。 もしかすると「ダイエット中だから梨は食べないでおこう」と、あえて控えている人もいるのでは? 実はそれ、間違いです!梨は低カロリー・抵糖質でありながら、さまざまな栄養素を含んでいるため、ダイエット中にこそ積極的に食べたい果物なのです♡ 今回は梨のカロリーや栄養素による効果、さらにはダイエットに役立つ食べ方やおすすめレシピなどをご紹介します!

梨はダイエットに向いている?

梨,ダイエット
(画像=MASHUPより引用)

甘さが魅力的な梨は、実はダイエット向きの果物。 なぜ梨がダイエットに向いているのかという理由について、まずはご説明します!

ダイエットで注目したい「カロリー」と「糖質」

梨,ダイエット
(画像=MASHUPより引用)

ダイエットをはじめるにあたり、注目したいのがカロリーと糖質。 そもそも体重が増え太ってしまうのは、過剰に摂取し、余ってしまったカロリーが体脂肪として蓄えられてしまうからなのです。 また、糖質を摂りすぎたり、急激に血糖値をあげたりすると、糖分を脂肪に変えるインスリンが過剰に分泌し、脂肪が付きやすくなってしまいます。

ダイエットを成功させるには、食事で摂取するカロリーと糖質に注目することがポイント! ただし、カロリーだけを気にした偏食や過度な糖質制限は健康を損なう原因になるので、極端な食事制限には注意しましょう。

梨1個あたりのカロリー・糖質

梨,ダイエット
(画像=MASHUPより引用)

文部科学省の「日本食品標準成分表2020年版(第2章データ)」によると、梨のエネルギーは、可食部100gあたり38kcal。 梨1個は平均300~400gであり、そのなかでも可食部は約85%の255~340gほど。 この可食部をエネルギー換算すると、梨1個あたりのエネルギーは約97~129kcalということになります。

また、糖質は炭水化物から食物繊維の量を差し引いた値になるため、梨の糖質量は可食部100gあたり10.4g。 可食部で換算すると、梨1個あたりの糖質量は約27~35gになります。

甘みのある梨ですが、カロリーと糖質の数値はかなり低く、この値だけを見てもダイエットに向いている果物であることがわかります♪

参照:日本食品標準成分表2020年版(八訂) – 文部科学省 参照:食品詳細(果実類/(なし類)/日本なし/生)- 日本食品標準成分表2020年版(八訂)

梨とりんごのカロリー・糖質を比較

梨,ダイエット
(画像=MASHUPより引用)

“りんごダイエット”という言葉もある通り、りんごはダイエット向きの果物としても有名です。 でも、実際のところ、梨とりんごはどちらがダイエット向きなのでしょうか。 カロリーと糖質を比較してみたいと思います!

先ほどもご紹介した通り、梨はカロリーが8kcalで、糖質が10.4g。 対してりんごは可食部100gあたり、エネルギーが53kcalで、糖質が14.1gです。 この結果だけを見ても、りんごより梨のほうがヘルシーであることがわかります。

実は果物の中でも梨はトップクラスに水分量が多く、その分カロリーや糖質を抑えられるのです!

参照:日本食品標準成分表2020年版(八訂) – 文部科学省 参照:食品詳細(果実類/りんご/皮なし/生) – 日本食品標準成分表2020年版(八訂)