キッチンの掃除は毎日しっかりとしているのに、どこからか嫌な臭いがして気になる、というあなたのために、今回はシンク下の臭いの対策の方法についてまとめてみました。シンク下の嫌な臭いの対策は、害虫対策にもつながるかもしれません。しっかりとチェックしてくださいね。

シンク下から臭いがする・・・なんで?

キッチンは毎日掃除をしている人も多いと思います。家族が多い人も一人暮らしの人も、戸建ての人も賃貸の人も、キッチンが汚れているのは嫌な気分になりますよね。

キッチンはピカピカなはずなのに、どこからか嫌な臭いがすることってないでしょうか。しっかりと掃除をしているのになんで?と思いながら臭い取りを置く人もいると思います。

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
(画像=『Lovely』より引用)

しっかり掃除をしていても、臭い取りを置かなくてはいけないほどの嫌な臭いが残ってしまうのは、あなたの掃除が原因なのではなくて、シンク下からの臭いが漏れているのが原因かもしれません。

賃貸でも戸建てでも、多くの家のキッチンは扉がついていて、あまり使わない掃除道具などがしまってあるということが多いのではないでしょうか。中にはパスタなどの乾燥食材を入れている人もいるかもしれませんね。食材を入れている人であれば、シンク下の嫌な臭いは気になると思います。

シンク下の嫌な臭いは、そんな食材の臭いなのでしょうか。どうしてシンク下から臭い取りを置かなくてはいけないほどの、嫌な臭いがするのか、その原因と対策をまとめていきたいと思います。

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
(画像=『Lovely』より引用)

シンク下の臭いの原因◎配管の隙間

シンク下の嫌な臭いの原因は、配管とシンク下の接続口に隙間が空いていることが原因になるそうです。配管に隙間が空いていることで、その隙間から臭い取りを置かなくてはいけないほどの嫌な臭いが漏れてきてしまうのですね。

戸建ての場合も賃貸のマンションなどの場合でも、シンクの下を覗いてみると、配管があるのがわかります。その配管は、下水道に繋がっているのです。その下水道に繋がっている接続口のどこかに隙間が空いているために、臭い取りを置かなくてはいけないほどの嫌な臭いが漏れてきているのです。

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
(画像=『Lovely』より引用)

この配管とシンク下の接続口の隙間は、害虫の通り道になってしまうというリスクもともなっています。女性の大嫌いなゴキブリなどのことですね。暮らしている中で、この黒い物体をみると、何をされたわけでもないのに、とても嫌な気分になってしまいますよね。

シンク下の接続口に隙間が空いている場合は、戸建ての人も賃貸のマンションの人も、嫌な臭いと害虫の対策のためにも、対処を早めにする必要があります。

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
(画像=『Lovely』より引用)

シンク下の臭いの原因◎カビ・雑菌の臭い

シンク下からの嫌な臭いの原因には、カビが繁殖することで起こるカビの臭いや、雑菌の臭いが原因の場合があります。カビといっても青いカビばかりではなく、黒いカビや白いカビなどもあるので、青くなっていないからカビは繁殖していない、と思い込んでいても、実はカビが大量発生しているということもあります。

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
(画像=『Lovely』より引用)

特に一人暮らしの人や、賃貸物件などで、換気をあまり行わない環境で、湿気の高いシンク下は、カビや雑菌が繁殖しやすくなっています。このカビや雑菌が、臭い取りを置かなくてはいけないほどの嫌な臭いになってしまうことがあります。換気をこまめに行って、カビや雑菌の繁殖を防ぐ対策をしていきましょう。

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!
(画像=『Lovely』より引用)