愛が欲しい、と誰しもが思うことです。しかし、この愛が欲しいという感情が大きくなりすぎると、逆に愛をくれるかもしれない人たちを遠ざけてしまっているかもしれません。この感情をこじらせないようにするには、自分の行動を確認することと、対処法が必要です。

愛が欲しい!!

誰しもが思うことでしょう。「愛が欲しい」と。特に心身弱っているとき、長い間お付き合いしてくれる人がいないときなど、ふと一人でいることが寂しく感じてしまうことがあります。 ずっと一人でいると、寂しいと感じることは人の心理としては当然のことなのです。

愛が欲しいと感じる時の対処法7つ!
(画像=『Lovely』より引用)

だからといって、この心理には何らかの対処法を用意しておかないといつまでも寂しい思いが続くことになってしまいます。 では一体どうすればいいのでしょうか?

愛が欲しいと感じる時の対処法7つ!
(画像=『Lovely』より引用)

愛が欲しい人ほど愛が得られない...

ふとした瞬間に人は愛が欲しいと思います。しかし、世の中は思い通りになることの方が少ないです。愛が欲しいと思っている人に限って、なかなか愛を得ることができません。なかなか愛を得ることができずに、苦悩の日々を送っている人がいます。

しかし、一方で羨ましいことに愛に溢れた生活を送っている人たちもいます。この差は愛が欲しいと思い過ぎている人たちの特徴から生まれています。

愛が欲しいと感じる時の対処法7つ!
(画像=『Lovely』より引用)

自己顕示欲が強い

愛が欲しいと思っている人は、相手に褒めて欲しいという欲求が強く出すぎています。 相手に褒めて欲しいので相手にとことん尽くすのですが、その尽くしている姿を褒めてもらおうとします。

愛が欲しいと感じる時の対処法7つ!
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、「頑張ってデートのためにオシャレをしてきたけど、相手は何も褒めてくれなかった。」、「料理を作ったけど、美味しいと言ってもらえなかった。」など、思ったように褒めてもらえないと不満が溜まっていきます。褒めてもらえないことを不満に思うことは自然なことですが、この不満がこじれると「どれだけ頑張っても、相手は何も褒めてくれない」という考えで頭が埋め尽くされます。

こうなると、逆に相手に感謝すべきことまで見えなくなって、お互いが感謝し合えない関係になってしまいます。愛が欲しいがゆえに頑張るのですが、頑張りすぎて空回りしているパターンです。

愛が欲しいと感じる時の対処法7つ!
(画像=『Lovely』より引用)