夏の終盤から秋が深まる10月上旬までは、暑い日がつづくのに真夏というわけでもなく、かといって秋本番でもない。そんな日々が続きますよね。どこか中途半端な感じがする季節ですが、そんなときこそボタニカルネイルがおススメです♪葉やツタなどをモチーフにしたボタニカルネイルは、涼しげでしっとりした印象を与えくれるので、夏から秋にかけての時期にもぴったり!ナチュラル志向の大人女性にもおススメです♪ボタニカルネイルをまだ試したことがない!という方は、ぜひこのシーズンに試してみていかがでしょうか?この記事では、夏から秋におススメのボタニカルネイルをご紹介します。

抜け感のあるボタニカルネイルがお洒落で心地よい♪

【夏~秋におススメのボタニカルネイル】ナチュラル感が心地よいデザイン7選
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

繊細に描き込まれたボタニカルアートも素敵ですが、こちらのデザインのようにポイントを押さえることで、抜け感をうまく演出することができます。

オフホワイトのワンカラーにグリーンとブルーで描かれた植物がばっちり映えています。エスニック調のコンチョなどを組み合わせて異国風の雰囲気に♪

まるで南国リゾートのような気分を楽しめそうですね!

黒なのに重くならない!ボタニカルネイルの不思議

【夏~秋におススメのボタニカルネイル】ナチュラル感が心地よいデザイン7選
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

抜け感のあるボタニカルネイルと黒のバランスは絶妙です。

白地に2種類のグリーンで描かれた葉がシンプルでお洒落ですね♪

葉の影の部分に使われているビリジアンのおかげで、黒が明るいグリーンになじみやすくなっています◎ゴールドのメタルパーツなどはゴージャス感をプラスするのにぴったり!

枯れ葉にも品がある!秋の植物をネイルアートに

【夏~秋におススメのボタニカルネイル】ナチュラル感が心地よいデザイン7選
(画像=itnail.jp、『Lovely』より引用)

昔から好まれてきた「わびさび」の文化。朽ちていく植物もネイルアートにすれば、いつでも慈しむことができます。

セージ色はボタニカルネイルとの相性が非常に良いですね◎枯れ葉アートは少し寂しさが強調されがちですが、ラインストーンやラインテープを組み合わせればモダンで遊び心を感じさせることが可能です♪