「なにをしてもだるい」「疲れが取れない」、というお悩みを抱えている人もいらっしゃるでしょう。そんなときには、コーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

コーヒーには、わたしたちの疲れを癒す効果があるといわれています。本記事では、疲労回復に繋がるコーヒーの飲み方についてご紹介します。

コーヒーは疲労回復に効果あり

コーヒーを3時間ごとに飲むと疲労回復に効くって本当?!【疲れが溜まっている人におすすめ】
(画像=Cafendより引用)

コーヒーは、どのように疲労を回復させるのでしょうか。効果的な飲み方についてご紹介します。

元気の素はクロロゲン酸

コーヒーを飲むとシャキッとするのは、カフェインの覚醒作用の影響だけではありません。じつは、カフェインよりもコーヒーに多く含まれているクロロゲン酸が、疲労回復の効果を発揮するのだとか。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持ちます。

食事で摂取したブドウ糖などの栄養素と、呼吸で体内に吸い込んだ酸素が結びつくと、エネルギーが発生します。わたしたちが活動できるのもこのエネルギーのおかげですが、細胞内で糖分が燃えてエネルギーが生まれる時には、約2%の酸素が活性酸素に変わるのだそう。

体内に侵入したウィルスや細菌を撃退するのに活性酸素は必要ですが、増えすぎてしまうとわたしたちの体に悪影響を与えます。疲れてくると活性酸素を除去する抗酸化力も下がり、疲労回復能力も低下することに。したがって、疲労を回復するためには、クロロゲン酸やビタミンCに代表される抗酸化物質を摂取しなければなりません。

持続効果は2、3時間ほど

コーヒーは疲労の予防や回復に役立ちますが、どれくらいの頻度で飲めばいいのでしょうか?

一般的に、クロロゲン酸の効果は2、3時間ほど持続するといわれています。「今日はがんばるぞ!」という日には、1日のスタートにコーヒーを大量にがぶ飲みするよりも、約3時間おきにコーヒーを飲むほうが、抗酸化作用が長く続いて疲れを溜めずに済むのだとか。

カフェインが気になって、1日にそう何杯もコーヒーを飲めないという人もいらっしゃるでしょう。そのような場合には、カフェインレスコーヒーに替えてみる手も。カフェイン含有量が少ないカフェインレスコーヒーですが、クロロゲン酸はしっかり含まれているため、普通のコーヒーと同じく疲労回復が期待できます。