ドアノブや車に触れた時にバチンとくる静電気、とても厄介ですよね。しかし、静電気除去グッズを使えばバチンとした刺激を抑えることが出来ます。最近は色々な種類の静電気除去グッズが販売されていますので、おすすめのものをランキングにして紹介していきます。

静電気は何故起こる?静電気の正体を知ろう

静電気というと、小学生の頃下敷きなどで髪の毛を逆立てて遊んだ経験がある方もいるのではないでしょうか。暮らしの中ではドアノブを触ったり、人と握手をしようとしたりする時に、ふいにバチッと刺激を感じることでおなじみですね。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

私達の体の中や身の回りにある物質には電気が通っています。本来、その物質を構成している元素は原子の周りにある陽子と電子の数が等しいので、電気的にプラスでもマイナスでもありません。
しかし、原子の最も外側を周っている電子は、外部からの影響を受けやすく、ちょっとした刺激で物質間を移動する性質を持っているのです。衝突や摩擦を与えると、プラスを帯びた電子が移動するため、その時起こるのが静電気です。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

静電気のパワーはどれ位?

静電気が起きたときの電圧は、一体どれ位なのか気になりませんか?強い静電気が起きた時には火花が見えることもありますよね。
実は静電気は想像以上に高電圧で、一般的に数千ボルト〜1万ボルトほどと言われています。バチッと痛みを感じるレベルであれば約3000ボルト程です。
ヒジまで痛むほどのレベルの場合、約8000ボルトです。私たちの暮らしの中で使っている家庭用コンセントは100ボルトしかないことを考えると、かなりの電圧であることがわかりますよね。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

そんなに大きな電圧なのに感電しないのは、静電気にはほとんど電流が流れていないからです。数ミリアンペア程度しかありません。その為、強い電圧を感じても一瞬で電流がストップしてしまうため感電することなく済んでいるのです。
ただし、静電気自体で感電することはなくても、引火によって大事故につながってしまうことは十分ありえます。ガスなど引火性物質を取り扱う時には静電気が起こらないよう十分注意するようにしましょう。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

暮らしの中で静電気が起こりやすくなる状況とは?

ではどのような時に静電気は起こりやすくなるのでしょうか。
まず、最も関係があるのが空気の乾燥です。電気は水に流れやすいことは学校でも学びますよね。夏場など、空気中に水分が多い時は、体の中に溜まった電気が空気中の水分によって放電されるので静電気は起こりにくいのですが、冬場は乾燥して水分量が少ないため帯電しやすくなってしまうからです。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

また、摩擦も静電気を起こりやすくしてしまいます。摩擦帯電と言われるものです。下敷きをこすり合わせたり、服を脱ぎ着したりするときに起こりやすいですよね。
摩擦帯電は普通に暮らしているだけではなかなか放電することが難しいので、静電気除去グッズなどを使用して逃してあげるのがおすすめですよ。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

静電気を起こしやすい物質・起こしにくい物質とは

電気を通すものとしてまず金属を思い浮かべる方も少なくないでしょう。実際に車やドアノブなどの金属に触れた時にバチッと感じることが多いですよね。空気が乾燥している時期に金属に触れる場合は注意が必要です。
また、金属ほどではありませんが、木や土、コンクリートなども電気を通します。
衣類も素材によって帯電しやすいものがあります。特にセーターなどはとても帯電しやすいので、ガソリン給油のときなどは必ず静電気除去用のプレートに触れて放電させてから行うように気を付けましょう。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)

静電気を起こしにくいものといえば、やはりゴムですよね。車のタイヤなどにも使われており、実際、静電気除去グッズの中にはゴムを使用しているものもたくさんあります。
またプラスチックも電気を通しにくい物質です。暮らしの中での静電気が気になる方は、金属製のアイテムにプラスチック製の取っ手をつけるといった工夫もおすすめですよ。

静電気除去グッズのおすすめ人気ランキング!【効果抜群】
(画像=『Lovely』より引用)