顔に立体感と小顔効果をもたらしてくれるコントゥアリング。
いまではトレンドのメイク法となっており、専用のコスメもたくさん発売されています!
しかし、「コントゥアリングってなんだろう」「チャレンジしてみたいけど難しそう…」と思われている方も多いのではないでしょうか。
また海外発祥のコントゥアリングですが、日本人には日本人に合うコントゥアリングのやり方があるってご存じですか?
本記事ではコントゥアリング基本のやり方や、おすすめコスメについて紹介していきます。

コントゥアリングって?

コントゥアリング
(画像=MASHUPより引用)

コントゥアリングとは、ハイライトやシェーディングを使って、顔に小顔効果と立体感を出すメイク術です。

この陰影を入れるメイク方法は海外セレブから発信され、海外のモデルやセレブたちの間で大流行! 日本でもここ数年のトレンドとなっています。

コントゥアは輪郭という意味で「顔に立体感を出したい」「小顔になりたい」など日本人の悩みにもピッタリのメイク術なんです。

またコントゥアリングは従来のメイク方法とは違い、ベースメイクの時点でシェーディングやハイライトを施すので顔の立体感をより強調出来ます。

コントゥアリング基本のやり方

コントゥアリング
(画像=MASHUPより引用)

まずはハイライトから。
ハイライトは光の役割があるので顔パーツの高く見せたい部分、Tゾーンや目の下の三角ゾーンなどにのせていきましょう。
つぎにシャープな顔に見せるために顔の輪郭を削るイメージで影となるシェーディングを入れます。 そして仕上げにローライトを入れるのを忘れずに!

【入れる順番】

  1. 目の下の三角・Tゾーンへのハイライト
    1. 頬骨の下から顎のフェイスラインにかけてシェーディング
  2. ハイライトを入れた部分近くの場所にローライト

ハイライト・シェーディングのコツ

コントゥアリング
(画像=Pixel-Shot / Shutterstock.com)

さきほどTゾーンや目の下の三角ゾーンにハイライトを入れると紹介しましたが、ポイントで唇の上・あご先にもハイライトを入れるとより骨格が際立ちます。

シェーディングは細く長く入れればシャープなイメージに、広めに短く入れればふわっとしたナチュラルなイメージに仕上がりますよ。

ノーズシャドウのコツ

コントゥアリング
(画像=New Africa / Shutterstock.com)

ノーズシャドウをしっかり入れている海外の方をよく見かけますが、日本人の場合はあまりはっきり入れないほうがベター
小鼻の膨らんでいる部分の上にぼかしながら入れるのが◎

昔のように眉頭から鼻の付け根にノーズシャドウを入れるよりも、今っぽく仕上がるのでおすすめです。

ファンデーションは薄めに

コントゥアリング
(画像=Katerina Morozova / Shutterstock.com)

コントゥアリングはクリーム状のアイテムを使用する場合が多いので、ファンデーションは厚塗り感が出ないように薄めに仕上げましょう
肌質によってはファンデーションを塗らずに下地だけでもOK!

またコンシーラーをハイライトとして入れる場合は、目の下の三角ゾーンが一番厚くなるように意識してください。