癒し系女子の特徴(8)見た目

癒し系女子のどこに癒されるか。と聞かれたら、見た目から癒し系オーラが出てる。など、見た目からして癒し系女子には特徴があるようです。

癒される見た目とは一体どのようなものなのでしょうか?

男子からも女子からもモテる女子ということは、意識的に癒し系女子を作っていることなのでしょうか?

(1)丸顔が癒される

丸顔の女子は、癒される。という男性が多いのはご存知ですか?

丸顔の見た目から癒しを感じる人も多いようです。 また、丸顔は女子からも、あまり嫌悪感を持たれることはないといえます。

ややぽっちゃり。くらいの見た目の方が癒し効果は高いのかもしれませんね。

(2)童顔も癒し系

童顔も見た目から癒されることの多い顔です。

「幼顔」とも言いますが、子供のような童顔の見た目から癒し効果があるということは、やはり、癒し系女子というものは、狙って作れるものではなく、生まれつきのようなものを感じますね。

男子にも女子にも、受けが良く、モテる女子である癒し系女子には幼い雰囲気の、童顔が好まれているようです。

癒し系女子の特徴(9)髪型

見た目で思いつくことに、髪型があります。

癒し系女子の髪型って実際に思い出そうと思うと「どんな髪型してる?」と感じる人も多いかもしれません。

髪型の見た目には、特別目につくような特徴はないかもしれません。

なぜ髪型の見た目に、あまりインパクトがないのでしょうか? 癒し系女子の髪型について、見ていきたいと思います。

(1)誰からも受け入れられそう

癒し系女子の髪型の雰囲気は、誰からも受けが良さそうな見た目に仕上がっているのが特徴です。

奇抜な髪型や、髪色はしない。かといって真っ黒でもない。というのが癒し系女子の髪型とも言えます。

一般的な見た目。といってしまえばそれまでですが、特徴はなくても、その普通さが癒し度を高めていると言えます。

(2)ふんわりとしている

癒し系女子の髪型で「ストレートでロング」というのは、あまり見かけません。

どちらかというとふんわりとしたパーマの髪型であったり、やはり、ふんわりと顔にかかるボブの髪型をしていることが多いです。

実際に、ふんわりとした髪型は、癒し系に見られることも多いですし、モテる女子になるために挑戦する人も多い髪型です。 それを癒し系女子はモテる女子などを意識することなくできてしまうんですね。

癒し系女子の特徴(10)メイク

癒し系女子の見た目できになるのが、メイクです。

髪型同様、あまり印象に残っていないという人も多いかもしれません。 癒し系女子の場合、そんなに特徴のあるメイクはしていません。あまり印象に残っていなくても仕方ないのかもしれませんね。

モテる女子は、メイクも大事だと思います。 癒し系女子のメイクについて見ていきましょう。

(1)ナチュラルメイク

癒し系女子の見た目で、派手なメイクや、きつく見えるメイクをしている人を見たことはありますか?

癒し系女子のほとんどが、メイクをするなら、スッピンメイクのような、ナチュラルなメイクをしています。

目も、猫目にしているよりかは、タレ目にしている癒し系女子が多く、メイクも自分の雰囲気に似合うものを知っているとも言えますね。

控えめな見た目でも、それがまた癒し効果を出すのかもしれませんね。

(2)スッピンの癒し系女子もいる

意外なことに、癒し系女子は女子でありながらも、スッピン女子であることが多いです。

メイクをしてもスッピンメイクのような癒し系女子ですから、スッピンがいてもおかしくはないのかもしれません。

また、童顔などの見た目から、メイクが似合わない。あるいは、メイクをしない方が可愛い。などのこともあげられます。

仕事についたらメイクをしないという訳にはいかないかもしれませんが、学生のうちは、メイクはしないで、毎日スッピンの癒し系女子もたくさんいるんですよ。

癒し系女子の特徴(11)服装

癒し系女子の服装といえば、何と無くイメージがありませんか?

ジャンパースカートやワンピースなどの服装であったり、可愛いバッグを持っていたりと、なんとなくふんわりした服装のイメージですよね。

実際の癒し系女子も、まさにそのような、ふわふわした服装が好きな人が多く、あまり露出をしていない服装を好む傾向にあります。

(1)スカートやワンピース

癒し系女子の多くが、ワンピースなどのスカートの服装を好む傾向にあります。

清楚系などとも言われますが、ふわふわとしたイメージで、服装からも癒しを感じることができます。

パンツ系や、セクシーな服装はあまりしないで、どちらかといえば、ロリータなどに近い服装をしている癒し系女子もたくさんいます。

童顔でロリータのような服装や、清楚系の服装をしていたら、きっと癒し効果も高いのであろうな。と、感じますよね。