業務スーパーのチュロスはコスパがよく、簡単に本格的な味のチュロスが食べられるとネット上でも話題になった商品です。
冷凍タイプなので保存期間が長いのが嬉しいポイント!
売り場に並んでいないことも多く人気の商品となっています。
今回は「業務スーパーのチュロスってどんなもの?」「本当に簡単につくれるの?」という疑問にお答えすべく、発売されている2種類のチュロスや調理方法について解説します。
いろんなシーンで使える、アレンジレシピも紹介するので購入後の参考にしてください。

業務スーパーのチュロスがおいしい!!

業務スーパー,チュロス
(画像=MASHUPより引用)

業務スーパーのチュロスには、「油で揚げる用チュロスとトースター用チュロス」の2種類があります。

ネット上で話題になるきっかけとなった商品は油で揚げる用のチュロスですが、もちろん2種類ともコスパ最強でしっかりおいしいのが特徴!

そしてじつは「チューロス」が業務スーパーで販売されている際の正式な商品名です。
スペイン定番スイーツのチュロスですが、業務スーパーのチュロスは外カリッと、なかはモチモチの食感が楽しめます。

揚げる用チュロスはかなりコスパ良し

業務スーパー,チュロス
(画像=Beata Krolikiewicz / Shutterstock.com)

揚げる用のチュロスはとにかくコスパがいい!

1袋あたり500g入りとずっしり重たく、なかにはチュロスが約35本入って118円!
冷凍されている状態で1本あたりの長さは約10cmです。
映画館やテーマパークに売られているものより短めですが充分なボリューム、そして国産なので安心して食べられるのもポイント!

これだけのボリュームがあれば1袋購入するだけで、かなりの期間ストックとして持ちそうです。

トースター用チュロスもある

業務スーパー,チュロス
(画像=nelea33 / Shutterstock.com)

「チュロスを油で揚げるのがめんどう」という方にピッタリなのがトースター用チュロス!

オーブントースターを使って焼くだけでチュロスが完成します。
1袋あたり200g入りで8~9本入っており、価格は267円!
長さは約18cmと揚げる用のチュロスよりロングタイプです。

つくり方は簡単で、予熱したオーブントースター(1200W)で5本あたり約7分加熱するだけです。
揚げる用のチュロスよりも価格は上がってしまいますが、手間がいらず気軽にチュロスが食べられるのは嬉しいですよね。

業務スーパーチュロス基本の揚げ方

業務スーパー,チュロス
(画像=MASHUPより引用)

揚げる用チュロス、基本の揚げ方を紹介します。
パッケージを確認せずに自己流で揚げてしまうと失敗しやすいのが業務スーパーの冷凍チュロス。
基本を押さえておいしくカリカリに仕上げていきましょう。

【揚げ方】
①180度まで温度を上げた、たっぷりの油を用意。
②フライ鍋にチュロスを1本ずつ入れ、チュロス同士がくっつかないように揚げていく。
※このときに菜箸で触りすぎてしまうと形が崩れてしまうので注意。
③3分半~4分ほど揚げ、粗熱を取って完成。

一度にたくさんのチュロスを入れると油の温度が下がって、失敗することもあるので1回5本程度を限度に揚げるのがおすすめ!

簡単!オーブンやトースターでも調理できる

業務スーパー,チュロス
(画像=MASHUPより引用)

じつは揚げる用のチュロスでもオーブンやトースターを使えば、揚げなくても調理できるんです!

トースター用のチュロスも紹介させていただきましたが、「揚げる用チュロスのコスパに惹かれる」「揚げる以外の方法も知りたい」という方は参考にしてみてください。

オーブンやトースターのほかにもレンジで調理する方法もあり、どのご家庭でもチュロスをお楽しみいただけます。
また調理方法によって少しずつ食感も異なるので食べ比べてみてください。

トースターで調理する場合

業務スーパー,チュロス
(画像=Enjoy The Life / Shutterstock.com)

焼き網の上にアルミホイルを敷いてチュロスを重ならないように並べます。
並べすぎると焼いているうちにくっついてしまいそうなので、パン焼き用のトースターなら1回4本程度がおすすめ。

並べたらハケでチュロスに油を塗って焦げ防止のために上からアルミホイルをかぶせ、1200Wに予熱したトースターで15分焼いて完成!

オーブンで調理する場合

業務スーパー,チュロス
(画像=brizmaker / Shutterstock.com)

天板にクッキングシートを敷いたら、トースターと同じくチュロスに油を塗ります。
180度に予熱したオーブンで25分焼けば完成です!

こちらの方法もとても簡単で、トースターに比べてオーブンを使えば一度にたくさん焼けます。
家族全員分を用意する場面や、ホームパーティーのときも便利。
トースターの場合は少ない本数ずつしか焼けないので、時短を求めるならオーブンの方がおすすめです。

レンジで調理する場合

業務スーパー,チュロス
(画像=Rostislav_Sedlacek / Shutterstock.com)

一番簡単な調理方法が電子レンジです。

作り方はとても簡単で、耐熱容器にチュロスを入れて600Wで3分加熱するだけ!
冷たい部分が残っている場合は、様子を見ながら追加で加熱してください。
揚げたときと比べれば白っぽい仕上がりでこんがりとした色味は付きませんが、フライパンで揚げ焼きしたような食感が楽しめます。