ぬいぐるみの洗い方がわからず困っている人も多いでしょう。洗濯機で洗っても良いものなのかどうか、かなり悩んでしまいます。ぬいぐるみはすぐに汚れてしまいますので、洗い方をしっかり知っておきたいものです。ぬいぐるみを洗濯機で洗っても良いものなのでしょうか。

【はじめに】ぬいぐるみの洗い方が知りたい!

暮らしの中に当たり前のようにぬいぐるみが存在するという人もいるでしょう。小さなころから暮らしの中にぬいぐるみが存在し、毎日、一緒に寝ていたという人は、大人になってからでも、ぬいぐるみが一緒でないと眠ることができないということがあります。

また、ママさんたちは子供にぬいぐるみを買ってあげるということも多いものです。子供たちはぬいぐるみが大好きですので、日々の暮らしの中でぬいぐるみを宝物のように扱います。その姿を見ているだけでかわいいものですが、ここで心配になってくるのは衛生的なことです。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/eqyY1dIXcPg、『Lovely』より引用)

大人が暮らしの中でそのようなことをすることはありませんが、子供の場合、ぬいぐるみを舐めてしまったりすることもあるものです。買ったばかりならまだ安心ですが、暮らしの中で毎日触れているぬいぐるみを舐めてしまうとなると、かなり菌が繁殖しているのではないかと心配になってしまいます。

親としてはやはり、ぬいぐるみも清潔に保っておきたいものですが、ぬいぐるみの洗い方がそもそもわからないという人も多いでしょう。毎日の暮らしに当たり前に存在するぬいぐるみですが、洗う機会というのは意外と少ないです。安心してぬいぐるみと暮らしていくためにも、ぬいぐるみの洗い方を知っておくということが大切なこととなってきます。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/JsjXnWlh8-g、『Lovely』より引用)

ぬいぐるみの洗い方は洗濯機?洗い方を失敗しまうと

毎日の暮らしに当たり前に存在するぬいぐるみですが、いざ洗おうと思い、独自の洗い方で洗った結果、失敗してしまったというのはよくある話です。ぬいぐるみの洗い方を失敗してしまうと、最悪です。毎日一緒に暮らしてきた子供は、大泣きしてしまうことになります。そのため失敗は許されません。

ぬいぐるみの洗い方を失敗してしまうと、ぬいぐるみの色が変わってしまったり、ふわふわしていたぬいぐるみが、ごわごわになってしまうこともあります。このような失敗ならまだしも、形が変わってしまったり、完全に壊れてしまったりすることもあるものです。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/3yWZP2Dk_i4、『Lovely』より引用)

洗い方に失敗してしまい、一度変形してしまったぬいぐるみをもとに戻すのは無理だと思ってください。一緒に暮らしていたぬいぐるみはもう元に戻ることはありませんし、子供が大事にしていたぬいぐるみであれば、号泣されてしまいます。

失敗するとその失敗を取り戻せないということですので、ぬいぐるみを洗う前は、失敗しないために、しっかりその洗い方を勉強しておかなければなりません。毎日の暮らしから突然、ぬいぐるみが消えたら子供もショックを受けてしまうため、平和な暮らしのためにも、ぬいぐるみの洗濯を失敗しないようにしましょう。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/iioAHjNYA_o、『Lovely』より引用)

ぬいぐるみの洗い方は洗濯機?洗えないぬいぐるみを知ろう

ぬいぐるみの失敗しない洗い方を紹介していきたいところですが、その前に、そもそも洗濯することができないぬいぐるみというものが存在します。そこでここからは、洗濯できないぬいぐるみについて紹介していきたいと思います。

毎日の暮らしの中ではそれほど意識しないかもしれませんが、ぬいぐるみの種類によっては、洗濯できるものと洗濯できないものがあるものです。ここを見誤ってしまうと、どんな洗い方をしたところで失敗してしまうことになるため、まずはここを見極められるようになっておきましょう。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/PuYPLH0BQq0、『Lovely』より引用)

子供がぬいぐるみが大好きということであれば、暮らしの中でぬいぐるみがたくさん増えてしまうものです。子供にとっては満足な暮らしかもしれませんが、それだけ種類があると、洗うのも大変になってきてしまいます。だからといって、いっぺんに洗おうというような無理なことをすると、それが失敗の原因になってしまうため、注意しておいてください。

ではさっそく、どのような洗い方であっても洗濯できないぬいぐるみについて紹介していきます。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/Um5EqWth3JQ、『Lovely』より引用)

【ぬいぐるみの洗い方は洗濯機?洗えない物①】デリケート

毎日の暮らしに当たり前に存在するぬいぐるみの中で、どのような洗い方をしても洗えないぬいぐるみとしては、デリケートなぬいぐるみが挙げられます。

デリケートなぬいぐるみとしては、「アンティークのぬいぐるみ」「一部破れていたり綿が出ているようなぬいぐるみ」「ポリエステルやビーズ、パイプ以外のものが入っているぬいぐるみ」というものです。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/13sk8LUVwMg、『Lovely』より引用)

アンティークで高価なぬいぐるみは、古いものも多く、洗濯してしまうと壊れてしまうことがあります。すでに壊れている部分があるぬいぐるみは、その部分だけ修復すれば洗濯することができますが、そのまま洗濯してしまうと全壊してしまい、失敗に繋がるため、やめておきましょう。

また、ポリエステルやビーズ、パイプ以外の素材が使われているぬいぐるみは、どのような洗い方をしても、乾燥させると、形が変形してしまうものです。失敗とまではならないかもしれませんが、前と同じぬいぐるみにはならないため、これも洗えないぬいぐるみの一つです。

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機と手洗いのどっちがいいの?
(画像= unsplash.com/photos/fX8SauByVfk、『Lovely』より引用)