「気温22度」の日。何を着る?何を着ればいい?
猛暑や極寒ならまだ服装は決めやすいけど、気温22度と聞いてもいまいちピンとこない。
今回は服装に迷いやすい気温「22度」にスポットを当てて、1日快適に過ごせるレディースコーデのスタイルポイントをご紹介したいと思います。

気温22度ってどんな日?

気温22度は何着ればいい?
(画像=MASHUPより引用)

1年のうちで気温22度が多い季節は、春と秋です。
季節の変わり目に多い気温22度の体感は、日向では暖かく過ごしやすいく、日が沈み夕方以降になると肌寒く感じます。

春や秋は、寒暖差があり、服装を決めるには最も悩みやすい季節でもあります。
しかし、春と秋では同じ22度でも体感気温が違うので、服装で温度調整し体調を崩さないように注意が必要です。

では、なぜ同じ気温22度なのに体感気温に差が出るのはなぜでしょう?

体感温度の違い「体の慣れ」

理由のひとつとして、「体の慣れ」があります。

冬から春に季節が移行していく時の体は、真冬の寒さに体は慣れています。
日々温度が上がっていく中での22度は、日差しが出ればポカポカと暖かくて気持ちいい陽気に感じられますね。

また秋の22度は、猛暑の夏の暑さに体が慣れているので、季節が秋へと進み、気温が下がってくる時は涼しく過ごしやすいと感じるのです。

体感温度の違い「湿度」

そして、もうひとつの理由には「湿度」が関係しています。

人は湿度が高いと暑く感じるようになります。
湿度は梅雨前から高くなり始め、夏には気温の高さとジメジメとした湿気が合わさった空気で不快感が増します。

春から夏は湿度が高くなりますが、秋から冬には低くなるので同じ22度であっても体感気温に差が出てくるのです。

最高・最低気温で違う!服装選びのポイント

気温22度は何着ればいい?
(画像=MASHUPより引用)

天気予報でよく見る、最高気温と最低気温
この最低気温は0時から9時。つまり、最低気温とは当日の朝の時を指します。
そして、最高気温は9時から18時まで。当日の日中を指しています。

最低・最高気温とでは温度差(日較差)があるので、朝は過ごしやすいと思っていても、体を動かしているうちに暑く感じて不快感が増す場合があるので注意が必要です。

1日快適に過ごすために、温度調節ができる服装を選ぶ必要があります。

最高気温22度の日は?

気温22度は何着ればいい?
(画像=MASHUPより引用)

最高気温22度になる日は、4月下旬や10月下旬あたりが多く、その日の最低気温は10~15度と朝晩は肌寒くなります
日中は、日差しが当たればポカポカとして暑すぎない気温で気持ちいい陽気です。

とはいえ、寒暖差を考えると、半袖のみでは風邪をひきかねません。
カーディガンやトレンチコートなどのライトアウターのような羽織れるアイテムが活躍します。

最適な素材には外気温の影響を受けにくいものを

日中は薄手の長袖であれば1枚で快適に過ごせるでしょう。
ですが、朝晩の肌寒さを考えると体温を逃がさない服装を意識することが大切です。

最高気温22度のオススメ素材

気温22度は何着ればいい?
(画像=Lubsan / Shutterstock.com)
  • ウール
  • 綿フランネル
  • 薄手の裏起毛やスウェット
  • コーデュロイ  など

保温性に優れ吸湿性に優れた素材を選べば、日中は1枚で快適に、朝晩は体を冷やすことなく過ごせます。
真冬のような厚手な素材ではなく、薄手の暖かい素材をアウターに取り入れ、寒暖差に備えた服装を意識することで体調管理もできます。