スポーツや音楽・映画・ファッション、その他文芸――あらゆるものにコンテストがあります。そして、例に漏れずコーヒーにも国際的なコンテストがあるのをご存知でしょうか。

そのコンテストとは、カップ・オブ・エクセレンス(以下、COE)というものです。

得てして食に関するコンテストは美味しいかどうがを競うのが一般的ですが、COEの審査基準は“コーヒーの美味しさだけ”ではありません。あらゆる面から審査され、『優秀なコーヒー』を選出するのです。COEの開催はコーヒー農園や豆の輸入業者、カフェは勿論、巡り巡って私たちにも恩恵があるのです。

ここではCOEの誕生の経緯や審査基準について解説していきます。

COEが誕生した経緯

世界1位のコーヒーを決める祭典『カップ・オブ・エクセレンス』その厳しい審査基準とは?
(画像=Cafendより引用)

初めてCOEが開催されたのは1999年。「わりと最近だな」と思う人もいるかもしれません。

COEが誕生した経緯は複数あり、大きく分けて『優秀なコーヒーの選定』と『農園の問題』に分けられます。

優秀なコーヒーの選出とコーヒー産業の活性化

コーヒーの歴史はそれこそ数百年と長いのに、美味しさを競うコンテストの歴史が20年そこそこというのは意外ですよね。コーヒーは長年人々に親しまれてきましたが、あくまで“気軽な飲み物”というイメージが定着していました。

しかし、セカンドウェーブやサードウェーブの到来によりコーヒーは気軽な飲み物という枠だけに収まらなくなり、美味しいコーヒーの探求――COEが誕生しました。また、コンテストを作ることでコーヒー産業の活性化を図るという目的も含まれているのです。

コーヒー農園の実情を改善するため

世界1位のコーヒーを決める祭典『カップ・オブ・エクセレンス』その厳しい審査基準とは?
(画像=Cafendより引用)

日本国内でも農家の人手不足や食料自給率減少、TPPによる影響などが問題視されていますよね。確かに由々しき事態ではありますが、コーヒー農園の実状はさらに悲惨なものです。

コーヒー農園の多くは途上国が多く、日本では考えられないような劣悪な労働環境のもとコーヒーが作られています。その一番の原因はコーヒー豆の買い叩きが横行していることです。これにより困窮した一部の農園では、強制労働や児童労働など非人道的な経営をせざるおえない状況が今も続いています。

また、コーヒー豆は質よりも量を重視され農園側は化学肥料や農薬を過剰に使用しなければなりません。そうやって作られたコーヒー豆は世界各国、もちろん私たちの国にも輸出されているのです。

この事態を改善するべくアメリカのNPO団体『アライアンス・フォー・コーヒー・オブ・エクセレンス(以下ACE)』がCOEを開催することにしたのです。

COEというコンテストは単純に良質なコーヒー豆に順位を付けるだけではなく、好成績を残したコーヒー豆をオークションに掛け、コーヒー輸入会社やロスーターに落札させます。落札額のほとんどが農園に入るうえ“COEで好成績を残した”という裏付けは、高級豆を扱うバイヤーと農園との架け橋にもなるのです。これらメリットは農園の財政状況を向上させ、ひいては労働環境の改善につながります。