プレ化粧水とは、導入液やブースターとも呼ばれる化粧水の前に使用するスキンケアアイテムのこと。化粧水の前に取り入れることで、化粧水の浸透を高める効果が期待できます。本記事では、プレ化粧水の役割や必要性だけではなく、正しい使い方や保管方法についても解説していきます。

【皮膚科医が解説】プレ化粧水の役割と必要性について。使い方や化粧品の正しい扱い方も解説
(画像=『Lovely』より引用)

監修者:あいち栄クリニック 寺田紗央里 先生
藤田医科大学を卒業後、名古屋大学付属病院、小牧市民病院の皮膚科医局員として勤務。 現在はあいち栄クリニックで皮膚科・美容皮膚科の担当医として勤務しています。

プレ化粧水の役割

【皮膚科医が解説】プレ化粧水の役割と必要性について。使い方や化粧品の正しい扱い方も解説
(画像=『Lovely』より引用)

プレ化粧水と化粧水。これらは同じものではないのかと、混乱してしまう人もいるかもしれません。まずは、プレ化粧水の役割について見ていきましょう。役割が分かると、化粧水の前に使用する必要性が見えてくるはずです。

浸透力を高める

毎日のスキンケアに欠かせない通常の化粧水は、肌に水分を補給して潤いを与えることが目的です。一方のプレ化粧水の役割は、後から使うスキンケアアイテムの浸透性を高めること。乾燥などのトラブルを抱える肌を整えながら、化粧水や乳液、美容液などの成分が浸透しやすくなるように通り道を作ってくれるのです。

肌の悩みを解決に導く

プレ化粧水には浸透力を高めるだけではなく、他の効果も期待できます。例えば、油分で肌をやわらかくしたり、余分な角質を取り除いたり、毛穴の開きを抑える収れん効果があったりなど。

プレ化粧水の種類によって、効果もさまざまです。そのため、肌の悩みに応じたプレ化粧水を選べば、より効果的なスキンケアが実現するでしょう。

プレ化粧水の種類

【皮膚科医が解説】プレ化粧水の役割と必要性について。使い方や化粧品の正しい扱い方も解説
(画像=『Lovely』より引用)

プレ化粧水と一口に言っても、その種類はさまざまです。ここでは、プレ化粧水の種類別の特徴について紹介していきます。

ローションタイプ

一般的に、プレ化粧水やブースターと呼ばれるものは、ローションタイプであることがほとんど。通常の化粧水と同様に、肌に潤いを与えてくれるのが大きな特徴です。500ml入りなど大容量のものも多いため、コストパフォーマンスが良いのも嬉しいポイントです。コットンパックやフェイスマスクにたっぷり浸して使うのもおすすめ。

拭き取りタイプ

クレンジングシートのように拭き取るタイプのプレ化粧水は、肌に残った古い角質や汚れを取り除くのに効果的です。肌のゴワつきや皮脂のベタつきが気になる人におすすめ。

コットンに染み込ませて優しく拭き取ってあげると、肌がさっぱりとするでしょう。拭き取りタイプはアルコールが含まれているものが多い傾向にあります。そのため、敏感肌の人は少し注意が必要です。

ミストタイプ

ミストタイプのプレ化粧水は、スプレーのように肌に直接吹きかけるものを指します。洗顔後にシュッと吹きかけるだけなので、気軽に使えるところも魅力の1つです。肌に均一に吹きかけられ、なじませやすいのもポイント。しっかりと肌に密着して、保湿を促してくれます。