整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。「モノを捨ててスッキリと暮らしたい!」「いっそのことミニマリストになってしまいたい!」そう願いながらも「でもやっぱり捨てたら不安で…」と実行に移せずにいる方もいるのではないでしょうか?私は今まで数百件のお片づけに立ち会ってきましたが、「捨ててしまって取り返しがつかないモノ」というのは案外少ないと感じています。ですが、お客様がお片づけ中に捨てようとした時に「ちょっと待ってください!」と止めるアイテムがあるのも事実。今回は「捨てたら後悔するかも?!ここの判断だけは慎重になりましょう!」というジャンルを5つご紹介いたします。

1.重要書類

断捨離前に要チェック!整理収納アドバイザーも止める「捨てたら後悔するかもしれないモノ」5選1.jpg
(画像=michillより引用)

例えば保険の証券が入っている封筒。

そのまま封筒ごと取っておくと中身の確認がしにくく、書類がサッと見つけられないので一度開封して同封されている挨拶書面や広告は捨ててしまうことをおすすめしています。

この時、証券本体自体は残しておいたほうが万が一の時の確認がスムーズになります。(間違って捨ててしまったという人も再発行できるので大丈夫!)

また例えば「家を購入する時にもらった大量の書類」の中で、どれを残せばいいか分からない、という場合はハウスメーカーの人に確認するとどれが残すべき書類なのか教えてくれます。

他にも各種契約書面やマイナンバーの暗証番号が載っている書類など「本当に残す価値がある書類の見極め」が書類管理では大切になります。

紙類はこの確認作業が多いため少し慎重になったほうがいいジャンルです。

2.毎日使っている生活必需品

断捨離前に要チェック!整理収納アドバイザーも止める「捨てたら後悔するかもしれないモノ」5選1.jpg
(画像=michillより引用)

例えば今使っているハサミの切れ味が悪い。毎日使っている小皿の柄が気に入らない。タオルがゴワゴワで買い替えたい…。

そんな時に新しいモノを購入するより先に捨ててしまうと生活に支障が出てしまいます。

新しいタオルのストックや他にもいっぱい小皿を持っている、という場合は大丈夫ですが、代替え品がない日用品は新しいモノを買ってから手放しましょう。

3.二度と手に入らないモノ

断捨離前に要チェック!整理収納アドバイザーも止める「捨てたら後悔するかもしれないモノ」5選1.jpg
(画像=michillより引用)

例えば本を手放す時にベストセラーになったような本ならば後で思い直しても比較的容易に手に入れ直すことができます。

ですが、初版本に拘っている場合や絶版になってしまった本などは後から後悔をするかもしれません。

ライブやコンサートでもらってきた金・銀のテープや子供が作った思い出の品。

どれも厳選が必要ではありますが、2度と手に入らないアイテムについては後に後悔しないようきちんと自分が納得してから手放すようにしましょう。