「2022年4月に東京証券取引所が再編される」と聞いても、今一つピンと来ない人もいるのではないだろうか。再編されるとどうなるのか、投資家にはどんな影響があるのかなど、気になる点について見てみよう。

東証が進める市場再編

再編の目的は市場区分の見直しである。これまで、東証一部・東証二部・JASDAQスタンダード・JASDAQグロース・マザーズと5つに分かれていた体制が、最上位のプライム市場・中堅企業向けのスタンダード市場・新興企業向けのグロース市場の3つに再編される。

見直しの判定にあたり、各市場区分のコンセプトに応じて時価総額(流動性)やコーポレートなどに関する定量的・定性的な基準が設けられており、新規上場基準は以下のように細分化される。

プライム市場

国内・国外の機関投資家の投資対象として、十分な時価総額規模と流動性、より高いガバナンス水準を有する企業、そして持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットできる企業を指す。東証一部上場企業に相当する。

スタンダード市場

公開された市場における投資対象として、十分な時価総額規模と流動性、ガバナンス水準を有する企業を指す。東証二部・JASDAQスタンダードに相当する。

グロース市場

事業実績の観点では総体的に高リスクだが、高度な成長の実現に向けて適切な事業計画等を定期的に開示しており、かつ市場から一定の評価を得ている企業を指す。JASDAQグロースおよびマザーズ上場企業に相当する。

  プライム スタンダード グロース
株主数 800人以上 400人以上 150人以上
流通株式数 2万単位以上 2000単位以上 1000単位以上
流通時価総額 100億円以上 10億円以上 5億円以上
時価総額 250億円以上 - -
流通株式比率 35%以上 25%以上 25%以上
収益基盤 A.最近2年間の利益合計25億円以上
B. 売上高100億円 かつ時価総額1000億円以上
最近1年間の利益1億円以上 -
純資産 50億円以上 -

なお、上記の表の流通時価総額とは、企業が発行する株式の中で流動性が高いと判断された株式の価値を指す。「株価×流通株式数(市場で投資家が自由に売買可能な株式数)」で算出できる。

再編後の流通株式数の定義は、上場株式数=「主要株主が所有する株式(10%以上所有)+自己株式数+役員等所有株式数」に加え、「国内の普通銀行・保険会社・事業法人等が所有する株式+その他東証が固定的と認める株式」となる。