仕事大好きママの
「時短転職」体験記
仕事か、プライベートか。働き方を二者択一で考える時代はもう終わり。「仕事のやりがい」も「子育て」も。全部諦めないと決めた“仕事大好きママ”の「時短転職」体験記をお届けします!

はじめまして。再生可能エネルギー発電所の開発などを手掛けるスタートアップ企業で、時短社員として働き、ライターとしても活動している永見薫です。現在、3歳の息子を育てながら、本業と複業に取り組んでいます。

私は、自他共に認める仕事大好き人間。独身時代も結婚してからも、地道に仕事に勤しんできました。

なぜ仕事が好きかというと、端的に言えば自分の成長を感じられるから。

難しいことにチャレンジしたり、小さなことでも課題解決ができたりすると、やっぱりうれしい。

だから、子どもが生まれた後も「仕事を通して成長すること」を諦めたくありませんでした。

でも、「子どもとの時間」をないがしろにするような生活もしたくない。「子育ても仕事のやりがいも諦めたくない。どちらもバランスよく」というのが、私の理想でした。

でも、「どちらか一つしか手に入らない」と思ってしまう人は、多いのではないでしょうか?

私もかつては、時短勤務で転職なんてできるのかな、まして理想の働き方なんて手に入るんだろうか……と思っていた一人。

「仕事のやりがいも子育ても両方諦めない」

口にするのは簡単でも、実際にできるのか。転職前は不安でいっぱいでした。

結論、今の私は希望の会社に転職し、理想の働き方を実現できています。それはなぜか……?

この連載では、私が転職活動中に悩んだこと、躓いたこと、気づいたことや見聞きしたことなど、さまざまな体験を織り交ぜながら、時短ワーママが転職を成功させるポイントを5回に分けて紹介していきたいと思います。

今はまだ、時短勤務をしばらく続けたい

「お母さんなんだから、頑張らなくていいよ」マミートラック真っ只中にいた私の転職体験記
(画像=『Woman type』より引用)

私がキャリアについて悩み始めたきっかけは、育休から職場復帰して半年が経った頃でした。

一つは、今後フルタイム勤務に戻るときのことをリアルに考え始めたことが大きかったように思います。

なぜなら前職では、時短勤務制度(6時間勤務)が使えるのは子どもが3歳までだったので、それ以降はフルタイム勤務に戻す必要があったのです。

前職では出社が原則だったのですが、通勤には片道1時間以上をかけていました。これがフルタイム勤務になると、子どもを保育園へ迎えに行く頃には延長保育の時間という状況。

「たった2時間」かもしれないけれど、その2時間が子どもにとってはどれだけの負担になるのか。まだ3歳に満たない当時の息子は、体調を崩す頻度が高く、2カ月に一度発熱を繰り返していました。

フルタイム勤務にすることで給与は増えても、延長保育にすると支出も増え、プラマイゼロに。むしろ、子どもも私も肉体的・精神的に疲弊する事を考えると、マイナス面の方が大きいのでは……。

そう考えると、このまま時短勤務をもうしばらく続けていたい、というのが私の希望でもありました。