マカダミアナッツオイルは、さまざまな健康効果のあるパルミトレイン酸の含有量が多く、8割を一価不飽和脂肪酸が占めるオイルです。この記事では、美容と健康に効果がある良質のオイルとして注目されている、マカダミアナッツオイルに着目。特徴や成分、肌や健康への効果・効能、美容に関する使い方、注意点など詳しく紹介しています。

マカダミアナッツオイルの概要

マカダミアナッツオイルで美容ケア。お肌への効果や取り入れ方、注意点について
(画像=『Lovely』より引用)

食用としてだけでなく、肌や髪のケア用としても効果が期待されているマカダミアナッツオイル。まず初めに、マカダミアナッツオイルの特徴や成分などを詳しく紹介します。

マカダミアナッツオイルとは

マカダミアナッツから摂れた良質なオイルは、“マカダミアナッツオイル”や“マカダミアオイル”などと呼ばれています。実の約75%が油脂のマカダミアナッツから摂れるオイルは、ナッツ特有の香りとあっさりとした味わいが特徴です。およそ8割を一価不飽和脂肪酸が占め、特にオメガ7のパルミトレイン酸が多く含まれているため、悪玉コレステロールを減らし、血管を健康に保つ効果が期待できます。

マカダミアナッツオイルの成分と主な作用

<オレイン酸>

  • 血液中の悪玉コレステロールだけを減らす
  • 動脈硬化、心臓病、高血圧の予防
  • 胃酸過多、胃潰瘍の予防
  • 便秘の予防・解消

<パルミトレイン酸>

  • 高血糖、糖尿病の予防
  • 高血圧、脳卒中の予防

<リノレン酸>

  • アレルギー原因物質を抑える
  • 血圧を下げる
  • 生活習慣病の予防

<フィトケミカル(ファイトケミカル)>

  • 抗酸化作用が高い

<ビタミンE>

  • 抗酸化作用が高い
  • オイルの酸化を遅くする

マカダミアナッツオイルの効果・効能

マカダミアナッツオイルで美容ケア。お肌への効果や取り入れ方、注意点について
(画像=『Lovely』より引用)

肌に塗ったり食用としたり、さまざまな使い方ができるマカダミアナッツオイルは、美容や健康に良い効果を与えてくれます。ここでは、マカダミアナッツオイルの効果・効能について紹介します。

肌への効果・効能

高い抗酸化作用があり「若さの脂肪酸」と言われるパルミトレイン酸は、人の皮膚にも含まれていますが、加齢とともに減少していきます。マカダミアナッツオイルはパルミトレイン酸が多く含まれているので、肌に塗るとアンチエイジング効果が期待できるでしょう。
また、マカダミアナッツオイルはベタつかず、しっかりと肌に浸透します。使うことで肌をやわらかく滑らかに、そして乾燥やシワ対策に力を発揮してくれます。さらに、マカダミアナッツオイルは炎症を抑える作用も期待できるため、あかぎれやひび割れ、肌荒れなどにも効果的。酸化にも強いため、紫外線から肌を守る日焼け止めとしても使えます。

健康への効果・効能

マカダミアナッツオイルに含まれるパルミトレイン酸には、悪玉コレステロールを減らし、血糖値を下げる効果があるとされます。そのため、食用として取り入れると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防につながるでしょう。また、パルミトレイン酸は、血管に浸透できる脂肪酸。血管が丈夫になり、脳卒中や心臓病の予防効果も期待できます。
その他、マカダミアナッツオイルには弱った胃腸を整えてくれるオレイン酸も含まれているため、胃潰瘍や胃の不調の改善、便秘解消によるデトックス効果が期待できるのも魅力です。血液をサラサラにする働きもあるため、血行が改善されて冷えの改善や対策にも役立ちます。