生理前になると気になるニキビなどの肌トラブル。その原因は女性ホルモンにあるかもしれません。女性の体は、生理周期によりホルモンバランスが変化します。生理前は皮脂の分泌が増え、肌トラブルを起こしやすい環境になるのです。この記事では、生理前の肌荒れやニキビの原因や予防法、正しいスキンケア方法まで詳しく紹介します。

生理前に悩まされるニキビとは

生理前のニキビの原因と予防するポイント。肌荒れを防ぐスキンケア方法も紹介
(画像=『Lovely』より引用)

女性の肌は生理周期によって変化し、生理前は最も肌が荒れやすくなります。生理前の肌トラブルを解消するためにも、まずは生理周期による肌の変化と、ニキビができる仕組みについて知りましょう。

生理周期による肌の変化

女性の肌とホルモンは密接な関係にあり、生理周期によってホルモンバランスは変化します。まずは、生理周期によって、肌がどのように変化するのかを解説します。

<生理前の1週間>
ニキビや吹き出物、肌荒れなどの肌トラブルの他に、イライラなど精神的にも不安定になる時期。また、むくみや頭痛、だるさなどPMS症状が出る人もいます。

<生理期間の1週間>
生理前の荒れた肌が徐々に回復する時期。血液循環が悪くなるため、貧血気味になったり、生理痛が起こったりする他、精神的な不安定さが続きます。

<排卵前の1週間>
肌にツヤやハリが出て、不安定だった精神状態が落ち着く時期。便秘になりづらく、心身ともに一番良い状態になります。

<排卵後の1週間>
皮脂の分泌が増え、肌トラブルを引き起こしやすい時期。むくみや便秘が気になる、またはイライラやだるさなど、精神的にも不調が出始めることもあります。

生理前にニキビができる仕組み

ニキビは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる毛穴の病気です。毛穴の中でアクネ菌が活性化すると、炎症が起こりニキビになります。アクネ菌は誰の肌にでもいる常在菌で、毛穴の奥で増殖する性質を持っています。そのため、皮脂や古い角質で毛穴が詰まると、増殖して炎症を起こすのです。

生理前にニキビができやすい場所

生理前に多いのが、あごのニキビ。あごの周辺は汗を分泌する汗腺が少ないため、乾燥しやすい場所です。一方で皮脂腺は多いため、乾燥すると水分を補うために皮脂を過剰に分泌します。その皮脂が毛穴に詰まるとニキビになるのです。

特に生理前は皮脂の分泌が過剰になりやすい時期で、あごにニキビができやくなります。さらに、あごは炎症が悪化すると治りづらく、再発しやすい場所と言われています。そのため、1度ニキビができるとなかなか消えず、気になるのかもしれませんね。

生理前にニキビができる原因

生理前のニキビの原因と予防するポイント。肌荒れを防ぐスキンケア方法も紹介
(画像=『Lovely』より引用)

生理前にできるニキビは、女性ホルモンが深く関係しています。ここでは、生理前にニキビができる主な原因を解説します。

女性ホルモンの分泌量の変化

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、生理周期に合わせて分泌量が変化します。排卵後から生理前にかけては、皮脂の分泌を促す黄体ホルモンの分泌量が増加。皮脂で毛穴が詰まりやすくなり、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

ストレスによるターンオーバーの乱れ

通常の肌は約28日周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーが行われます。精神的に不安定になりやすい生理前は、ストレスによりホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーがうまく行われないことも。そのため、古い角質が残り、毛穴を防いでニキビの原因となるのです。